スタッフブログ

病院のスタッフが、日々の仕事の中から気づいたことや、活動やイベントのご紹介、地域の皆様に宛てたメッセージなど、様々な内容が綴られています。

カテゴリ別ページへ



秋の味覚「鮭」

スタッフブログをご覧のみなさん、こんにちは。今回は栄養科からの役に立つお話しです。

 

10月に入ってから、風がさらに冷たくなって木々も紅葉が進み、秋を感じるようになってきましたね。

食欲の秋ということで、頂き物が増えたりおいしそうな食材が店頭に並ぶようになってきましたが皆さんは食べ過ぎてはいませんか?

私は仕事柄様々な方と食事の話をしますが、最近良く、【アキアジ】の話を耳にします。

アキアジって何か知っていますか?

私は、網走に来て初めて知りました!

鮭のことを「アキアジ(秋味)」というみたいです。

秋を代表する味、から呼ばれるようになったそうですね。

 

他にも、トキシラズ(時鮭)、ケイジ(鮭児)、ルイベなど、北海道にきてから、鮭についての知識がたくさん入ってきて、鮭は北海道の人にとって身近で愛された食べ物なんだなぁとしみじみ感じます。

今日は、そんな『鮭』についてお話していこうと思います。    

スタッフブログ 秋の味覚「鮭」 釣り上げた鮭(アキアジ)の写真
釣り上がったばかりのアキアジ!

鮭とは、皆さんご存知の通り、身はオレンジ色で脂が乗っている白身魚の一種です。

 

身が赤いのに白身魚なの?とたまに聞かれることがありますが、鮭は甲殻類プランクトン(小さなエビなど)を餌としており、これらを食べることで赤色の色素が身に移るといわれています。

鮭の卵(いくら)が赤い理由は、鮭の身にある色素が卵に移るので赤くなるのです。

なので、卵に色素が移ると鮭の身は白くなっていきます。

 

では、どんな栄養があるのでしょう。

鮭には、強い抗酸化作用をもつアスタキサンチンや、冠動脈疾患の予防に効果のあるn-3系脂肪酸(EPA・DHA)が多く含まれています。

アスタキサンチンとは、鮭の身の色素であり、カロテノイドの一種です。カロテノイドとは、南瓜やトマト、ナス、トウモロコシなどの黄や赤、紫の色素をいいます。

これらには、強い抗酸化作用があり、細胞の老化やがん、動脈硬化の予防に効果があるといわれ、健康の維持にはかかせない大事なものです。

 

次に、魚に多いEPAやDHAといった脂肪酸は、血中脂質(コレステロールや中性脂肪など)の改善や、冠動脈疾患の予防に効果があります。

血中脂質を減らすことで動脈硬化予防にも繋がるため、積極的に摂取したいですよね。

成人した人であれば、EPA・DHAの摂取量は両方合わせて1日1g以上(魚90g以上)摂取すると良いです。

そのため、1日3食の食事のうち1食は鮭などの魚料理を食べるようにしてください!

 

他にも、カルシウムの吸収を助けて、骨を作ったり強くする働きがあるビタミンDやたんぱく質(アミノ酸)の代謝を助けるビタミンB6、血液を作るために使われるビタミンB12など多くのビタミンやミネラルが含まれております。

 

これだけ体に良い鮭ですが、食べすぎには注意!

塩鮭などは塩分が高いので、食べ過ぎたら別な病気になってしまいます。

体に良い食材でも、食べる量はほどほどに。

 

スーパーなどでも気軽に手に入る鮭。

臭みやクセも少ないのでどんな料理にも使いやすい!

ちゃんちゃん焼きや、粗汁、石狩鍋、ホイル焼き、漬け焼き、フライなどぜひ作ってみてください!    


オホーツク網走マラソンに参加しました

始めまして。

網走中央病院総務課の五十嵐 貴彦と申します。

私は6月からこちらの病院でお世話になっていています。

直接患者様とは接する機会が少ないですが、見かけた際には気軽に声を掛けていただけると嬉しいです。

 

さて、今日は9月30日に網走で行われた第4回 オホーツク網走マラソンに参加してきましたので、皆さまにも楽しさを共有して頂けたら良いなと思いブログに投稿してみました。 

ご存知の方も多いかもしれませんが、全国3位の人気を誇るオホーツク網走マラソンは世界でも珍しいここだけ、と言う場所からスタートします。それは何と網走刑務所の正門前からのスタートです!

全国からはもちろん、香港や、シンガポールから参加している方もおり、今回は総勢1,988人の参加でした。 

コースはアップダウンがあるものの、制限時間が6時間30分と、とても完走しやすい設定になっていますので楽しみながら走る事が出来ます。

ゲストランナーには4年連続参加のワイナイナ選手も参加しており圧巻の走りを見る事ができます。

そして、なんといっても網走のマラソンの魅力は多くのエイドステーション(給水所)には鉄砲汁や、網走牛乳、地元の小麦で作られたアンパン、35キロ付近では網走産の和牛のステーキに、今年は姉妹都市の山形県天童市からシャインマスカットまで用意されていました。    

スタッフブログ オホーツク網走マラソンに参加しました 写真1 開会式
第4回オホーツク網走マラソン開会式の様子
スタッフブログ オホーツク網走マラソンに参加しました 写真2
スタート地点の様子

今年は1回も練習をしていないという無謀なチャレンジをしてしまい、一緒に参加している仲間も見つけられずに1人で不安になりながらスタートに並んでいました。そんな中スタートゲート前では地元の東京農業大学のチアリーディング部と応援団による名物「大根踊り」が始まり、それと共にスタートの合図が鳴り響きました。完走できるかも分からないまま走りだし、とりあえずはタイム別に配置されているペースメーカーに付いて行こうと思いながら網走刑務所前の「水面橋」を渡り、国道39号線を走って行きました、最初は大勢のランナーの中ペースも早くなってしまい、あっという間に最初のエイドステーション(給水所)4kmまでたどり着きました。そこでは地元のカニを使った鉄砲汁がふるまわれており、最初の緊張感も忘れてカニにかぶりついていました。

その後すぐに一番後ろからスタートしたはずのワイナイナ選手に肩を叩かれ、あっという間に抜かれてしました。

その後はコースで一番きつい坂を歩いて登り、しばらくは上り下りのある森の中を走って行きました。その後は観光でもおすすめの「能取岬」へ向かって森を抜けていきます。(某有名アイドルグループもCMを撮影した場所です。ご存知の方もいるはず。)

そこでは地元の網走牛乳やアンパンなども置いてあり、走るのを忘れて雄大な景色を眺めながらくつろいでしまいそうな気持を我慢してゴールに向かいます。    

スタッフブログ オホーツク網走マラソンに参加しました 写真3 林の中を抜ける
能取岬に向かう林の中を駆ける
スタッフブログ オホーツク網走マラソンに参加しました 写真4
気持ちの良いマラソンコース
スタッフブログ オホーツク網走マラソンに参加しました 写真5
能取岬の灯台

その後は少し長い下り坂があり、トンネルを抜けると右側には雄大なオホーツク海を眺めながら汽水の能取湖に風景は変わっていきます。ちょうど秋味の釣りシーズンでもあり、釣り人も多く見られ、ここでも走るのを止めて釣りをしたいと言う気持ちを抑えつつ足を進めていきます。その後も2.5kmごとのエイドステーションでは地元大学生や高校生のボランティアの人たちや、仮装をした芸人?達にいっぱい元気をもらいながら、歩いたり、はしったりと何とか楽しみにしていた35km地点の和牛の所まで着きました。

ただ、残念な事にあまりにもタイムギリギリで走っていたため、肉の切れ端しか食せませんでしたが味は最高に美味しかったです!    

スタッフブログ オホーツク網走マラソンに参加しました 写真6
能取湖に向かう道のトンネルへ
スタッフブログ オホーツク網走マラソンに参加しました 写真7
網走和牛でスタミナ補給!
スタッフブログ オホーツク網走マラソンに参加しました 写真8
元気の出る応援!

次なるエイドステーションは山形県天童市からのシャインマスカット。自分は初めて食べましたが、本当に甘くめちゃめちゃ美味しかったです。是非とも毎年来てほしいですね。

そこからは、サイクリングロードにコースを移し、ゴールまで向かいますが、そろそろ足に限界が近づきはじめ心が折れそうになりながら進んでいくと、何とかゴール会場の「大曲湖畔園地」までたどり着く事が出来ました。会場に入ると18ヘクタールの大きなひまわり畑が出迎えてくれて、限界だった足も少しだけ痛みを忘れて残り2キロを走りきればゴールです。    

スタッフブログ オホーツク網走マラソンに参加しました 写真9
姉妹都市、天童市からのシャインマスカット!
スタッフブログ オホーツク網走マラソンに参加しました 写真10
ゴール会場「大曲湖畔園地」のひまわり畑

目に見えるゴールですが、思うように足が進まずもどかしい自分にむけて、先にゴールした参加者や地元の方々も声を沢山かけてくれて、最後の直線では大勢の観客に、大学生達のハイタッチの嵐を進むと最後にはなんと網走の水谷 洋一市長にまで迎えられ無事に完走できました。

 

ゴール後にはタオルと網走刑務所で手作りされたエンジュの木のメダルをかけてもらい、ゴールした満足感でいっぱいでした。

その後は網走ならでは、本物の流氷でアイシングが出来る!!これは網走でしか味わえないですね。

ゴール会場ではラジオの公開放送も行われ、地元のフードコートでお腹を満たして無事帰ることが出来ました。

近隣の地域の方はもちろん、遠方の方でも女満別空港からのアクセスが良いですし、ここでは書ききれない美味しい物や自然が網走には沢山ありますので、来年は是非参加して頂き一緒に楽しく走りたいですね。    

スタッフブログ オホーツク網走マラソンに参加しました 写真11
完走の証、エンジュの木のメダル


理学療法士募集のため、札幌の専門学校で就職セミナーに参加

スタッフブログをご覧の皆さんこんにちは。理学療法士の橋川です。

8月30日(木)に 理学療法士の募集を目的に、吉田学園北海道リハビリテーション大学校で行われた就職セミナーに参加してきました。

スタッフブログ 理学療法士募集のため、札幌の専門学校で就職セミナーに参加 写真① 北海道リハビリテーション大学校
専門学校北海道リハビリテーション大学校 校舎
スタッフブログ 理学療法士募集のため、札幌の専門学校で就職セミナーに参加 写真② セミナー前のPRの様子
セミナー開催前に生徒さんに3分間PR

生徒さんの真剣に聞く姿勢にこちらも応えたい!とお話しをさせて頂きました。

 

今回のセミナーは2日間(午前・午後の2部制)に渡って開催され、当院が参加した時には、当院を含め13の施設が参加されていました。

各施設ごとにブースを設け、約40名の学生さんが施設のブースに立ち寄って、対面で病院や施設の説明などを聞くといった形で行われました。

会場では私の自己紹介も兼ね、今年度に行った活動と趣味や体験した事の一部を紹介させて頂きました。 

 

以下は当日セミナー会場で使用した活動紹介と網走紹介の資料です。  

スタッフブログ 理学療法士募集のため、札幌の専門学校で就職セミナーに参加 写真③ 活動紹介パネル
活動紹介(クリックで拡大します)
スタッフブログ 理学療法士募集のため、札幌の専門学校で就職セミナーに参加 写真④ 網走紹介パネル
網走紹介(クリックで拡大します)

当院のブースにも10名の生徒さんが話を聞きにきてくれまして、学生の皆さんから出た質問としては

・希望している分野

・理学療法士として目指していきたい事

・将来やってみたい事

・スポーツ経験の話

・趣味の話

・網走での生活の話

などなど…これから社会へ進出していく生徒さんと当院の説明だけではない色々な話ができ、自分自身が新鮮な気持ちになったのと、自分たちが受入れていく立場なのだと改めて実感し、身の引き締まる思いを感じております。

 

 

当院のホームページやブログをご覧頂き、職場見学の希望やもっと詳しく話を聞いてみたい方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問合せください。

 

★お問合せはこちら → お問合せページリンク(網走中央病院エントリーフォーム)(担当:理学療法士 橋川)

★当院の理学療法士募集要項はこちら → 求人ページリンク(網走中央病院職員募集ページ)    


スタッフの日常〜2018年、釣りシーズン到来!〜

スタッフブログをご覧の皆さんこんにちは。

理学療法士の橋川です。

 

短い北海道の夏も終わりに近づいてきている様な気候となってきましたね…なんだか少し寂しい感じもします。

 

しかし、秋になればまた別の楽しみがやってくる訳で、昨年も何度かブログに掲載した秋釣りのシーズンです!

まだ少し早い感もありますが、どのような状況かの確認も込めて日曜日の朝に行って来てみました。

前日から少し不安定な天候ではありましたが、雨もちょうど止んでくれました。

 

本日の釣り場として選んだのはこちら。網走市内から10~15分程度の所です。    

スタッフブログ スタッフの日常〜2018年、釣りシーズン到来!〜写真①

曇り模様ではありますが、前日やここ最近の天気予報から考えると十分な天候です。

快晴であればよりきれいな写真をお届けできたかもしれませんが!

 

現地についてからも先ずは魚がいそうなポイントを探してみます…なるほど、この辺にいそうだな… 。   

スタッフブログ スタッフの日常〜2018年、釣りシーズン到来!〜写真2

よし、今日はこの場所から始めてみよう!   

 

スタッフブログ スタッフの日常〜2018年、釣りシーズン到来!〜写真3

足元はこんな感じです。

 

今日のポイントとして決めた場所で竿を振っていると…来ました!シーズン初日から釣れました!    

スタッフブログ スタッフの日常〜2018年、釣りシーズン到来!〜写真4

シーズン本格化よりも前という事もあり、釣れる釣れないを考えていなかったので貴重な1本となりました。

万が一釣れなかったとしても、街中とは違う風景の中に身を置いている時間だったり、釣れなかったからこそ次の機会には餌を変えたり、釣り場を変えたり、時間を変えたり、どのようにしてみようかと考えて試行錯誤していく事も楽しみの一つです。

 

そんな環境がすぐ身近にあるこの環境がとても恵まれたものだと思います。

釣りに興味のない方にとっても自然と触れ合う、自然の中に身を置ける環境という事は魅力的ではないでしょうか?

 


スタッフの日常〜網走マラソンに向けて〜

スタッフブログをご覧の皆さんこんにちは。理学療法士の橋川です。

 

全国的な猛暑の中、ここ網走でも少し暑い日が続いていますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

前回の投稿で当院管理栄養士から脱水と熱中症について紹介していましたが、最近では毎日のように熱中症のニュースを目にしますね。皆さんも水分補給など心掛け、体調管理には十分お気をつけてください。

 

さてそんな中、私は今年も出場予定の「網走マラソン」に向けて練習中でして、たまに手軽に30分程度走る好きなコースを紹介しましょう。

スタッフブログ スタッフの日常〜網走マラソンに向けて〜写真①
暑い日でも涼しさを感じるコース
スタッフブログ スタッフの日常〜網走マラソンに向けて〜写真②
このランニングコースが3㎞ぐらい続きます。
スタッフブログ スタッフの日常〜網走マラソンに向けて〜写真③
途中で見える湖も気持ちが良い。
スタッフブログ スタッフの日常〜網走マラソンに向けて〜写真④
オホーツク海も爽やか。
スタッフブログ スタッフの日常〜網走マラソンに向けて〜写真⑤
海岸沿いも良いランニングコースです!

朝や夕方は涼しく、こうした自然も多いので走るのには良い環境です。

そして、こうした自分の時間を作りやすいのがこの地域の良さかもしれません。

 

都会と比べると不便な事や物足りない事も多く、勉強出来る環境として満足いかない部分も多いかもしれませんが、こうした自分の時間を作りやすいのは良いところに思います。

その時間を使って、遊ぶもよし!勉強するもよし!趣味を楽しむもよし!

 

皆さんはどのような時間を過ごされますか?

    


脱水と熱中症

 

スタッフブログをご覧の皆さん、こんにちは

最近は、20℃を越える日も出て来ましたね。

これからどんどん暑くなってくるときに、気をつけなければならないのが脱水や熱中症です。

 

脱水とは、簡単にいうと大量の発汗や飲水量不足により、体内の水分量が不足してしまっている状態をいいます。

症状としてはめまいや倦怠感、食欲不振、尿量減少など。また、大量に発汗すると水分以外に、ナトリウムも失われてしまいます。水分とナトリウムが大量に失われることによって、体温調整(体にたまった熱を外に出すこと)がうまくできなくなり、熱中症を引き起こしてしまうのです。

 

私たちの体は、暑い環境では血管を拡げ血流量を増やし、体に溜まった熱を血液を通して皮膚から汗によって外に出しています。

そのため、水分補給をしっかり行い循環血液量を増やし発汗することは、体に熱が溜まらない様にするために大切なことなのです。

 

体内の水分を約2%喪失すると喉の渇きを訴え、約3%の喪失で食欲低下や尿量低下などが起きます。

年齢や性別によって、体内の水分量は変わってしまいますが、成人男性では体重の約60%が水分です。体重60kgの成人男性は、約36リットルの水分を蓄えていることになります。

 

脱水や熱中症を予防するためにも、日頃から飲水は1L~1.5L(500mlのペットボトル2~3本程度)を目安に飲むようにしましょう。

のどが渇いたからと一気に水分補給するのではなく、のどが渇く前からこまめに水分を取るように心がけてください。

こまめに摂取した方が、消化管の負担も小さくなり、体温の上昇も抑えられます。水の温度は5~15度くらいが吸収されやすいといわれております。冷蔵庫で冷やした飲み物や水道水くらいが丁度よい温度です。

 

また、水分は飲水だけではなく、食事からも摂取できます。

ごはんやお味噌汁、肉や魚など私たちが食べている食事から、1日約1100mlの水分を摂取していると言われています。

 

皆さんは、毎朝食事はしていますか?

お昼は菓子パンやおにぎりだけになっていませんか?

心当たりのある方は、いつもの食事に+1品多く食べてみてください。

食べるのは、牛乳や果物など手軽に食べられるもので大丈夫!

続けることが大事です。徐々に規則正しい食生活にしていきましょう。

 

水分補給以外にも、服装から暑さ対策を行うこと(帽子や速乾素材のインナーを着るなど)、暑くなる前から運動習慣を付け、発汗できるように体を作ること、運動するときは日陰を利用すること、そして、冷却タオルや氷枕などで体を冷やすことが大事です。

 

 

飲水と規則正しい食生活が熱中症予防の基本です。

3食決めた時間に食事を取って、生活習慣を整えましょう。そして、体を動かしやすい今の時期から定期的に運動を行ない血液循環を良くし、気持ちよく汗をかきながら、夏を迎えましょう!

スタッフブログ 脱水と熱中症 網走の風景写真
6月の網走。もう少しで夏です。

6月の行事食

スタッフブログをご覧の皆さん、こんにちは!

 

6月21日は何の日だったか覚えていますか?

 

正解は、夏至です!

「夏」に「至る」と書いて、夏至。

1年間の中でもっとも昼の時間が長いとも言われています。

本格的な夏が始まる今、体調管理には十分にご注意ください!

 

さて、当院では行事食といって、祝日やその月にあった特別献立を考えて提供しています。

6月は夏至の日に合わせて行事食を提供しました!    

スタッフブログ 6月の行事食「夏至」

患者様に合わせて、食べやすい大きさにカットして提供しています!

今回は夏の食材を使用したメニューとなっており、

・ちらし寿司(お粥の方は卵粥)

・鶏肉の焼き浸し(付け合せはオクラ)

・蒸しナスの味噌和え

・きゅうりとかまぼこの和え物

・メロン(ハスカップゼリー)

でした!

 

病院の食事なので塩分には気をつけており、今回の行事食の塩分量は約2.2g。

出汁やお酢、旨味の出る食材(糸削りやしいたけ、えび、かまぼこ等)をたくさん使って作っているので、患者様からは味が薄いとは思わない、気にならないと嬉しい声を頂いております。また、彩りもカラフルできれいだね、出汁の香りがいいね等、たくさんの感想をいただきました。

因みに、成人男性が必要な塩分の1日の摂取量は約8gですので、1食あたり約2.8gとなります。わずか0.6gしか減ってない!と思われるかもしれません…ですが、おしょうゆ大さじ1杯に約0.8gの塩分が含まれていますので、積み重なるととても大きな数字となります。 

 

そして、写真右下にいる、折り紙で作ったカエルも人気。

病室に飾ってくださる方や患者様同士の話のネタにもなっていて、不器用ながら作ってよかったと思います。

  

来月の行事食予定日は、7月4日!

七夕にちなんだ献立にしようと只今考え中、、、お楽しみに!

 

 

☆簡単レシピ~きゅうりとかまぼこの和え物~☆

【1人前】

・きゅうり 40g(1/4~1/3本)

・かまぼこ 12g(10mmくらいの厚さで1切れ)

・糸削り 0.3g(ひとつまみ)

・マヨネーズ 4g(小さじ1)

・ポン酢 3g(小さじ1/2)

 

【作り方】

①    きゅうりとかまぼこを食べやすい大きさに切る。

  (半月に切ってから斜めに切るのがオススメ!)

②    糸削り、マヨネーズ、ポン酢で和えて完成!

 

糸削りを使用することで、香りもよく旨味も出るので、血圧が高く減塩を心がけている方も気にせずに食べることができます!また、醤油のみで味を調えるのでなく、マヨネーズ+ポン酢で飽きのこない味付けになっております。

他にも、山わさび+醤油や梅肉、食べるラー油などで味付けをしてもおいしいです!

ぜひ作ってみてください。  

 


第6回 網走中央病院 野球教室 開催

スタッフブログをご覧の皆様こんにちは。

当院理学療法士の橋川です。

H30年3月10日(土)・11日(日)の二日間に渡って「第6回 網走中央病院 野球教室」を開催しました。

 

講師には、第1回目から講師としてお招きしている宇佐美康広氏と、第5回からお越し頂いている副島孔太氏のお二人をお招きしての開催です。以下、その様子をご紹介します。

1 学童期に必要な食事の話

スタッフブログ「第6回 網走中央病院野球教室 食事の話し①
スタッフブログ「第6回 網走中央病院野球教室 食事の話し②

2 少年野球の指導者講習会

スタッフブログ「第6回 網走中央病院野球教室 指導者講習会①
スタッフブログ「第6回 網走中央病院野球教室 指導者講習会②

3 子どもたちの野球教室

スタッフブログ「第6回 網走中央病院野球教室 子どもたちの野球教室①
スタッフブログ「第6回 網走中央病院野球教室」 子どもたちの野球教室②

二日間通して3本立ての盛りだくさんな内容で開催しました。

 

今回の教室の中での一つのポイントは「食事の話」です。

この野球教室を通しては始めての取り組みで、当院管理栄養士の三村智美が講師を務め、学童期の食事の面での考え方を親御さんや子供達に丁寧に説明してくれました。

時折、ゲスト講師のお二人から食事にまつわる経験談などもあり、プロ野球の世界を経験された方々のお話には子供達や親御さんにとっては良い刺激となったのではないかと思います。

 

指導者講習会では宇佐美さん・副島さんから学童期に関わる指導者としての心得から、指導方法まで幅広く学び、講習の最後には実践を交えて学びました。

 

そして、市内7チームの5年生を対象に行った野球教室では、3時間という短い時間でしたが、宇佐美さん、副島さんの指導を受け一生懸命に練習する子供達の姿を見る事ができました。

 

2014年に第1回目を開催したこの野球教室も、今回で6回目を迎えることができました。

何事においても継続する事は簡単な事ではありませんが、継続する事で見えてくるものや、継続していく中に変化を出すことでさらに見えてくる事や気づくものがあり、継続していく事の大切さを改めて感じた第6回となりました。

 

最後になりましたが、今回お集まり頂きました沢山の子供たち、親御さん、指導者の皆さん、本当にありがとうございました。

 

そして、お忙しい中でお越し下さった宇佐美さん、副島さんのお二人。

貴重なお時間を頂きまして本当にありがとうございました!

※写真の掲載については許可をいただいております。

スタッフブログ「第6回 網走中央病院野球教室」 子どもたちの野球教室③

在宅用介護ベッドの導入

スタッフブログをご覧の皆様こんにちは。

当院理学療法士の橋川です。

この度、入院を経て在宅生活に戻られる患者様のご自宅に在宅用の介護ベッドを導入するお手伝いをさせて頂きましたので、その様子をご紹介します。

導入したベッドはこちら↓    まずトラックから荷下ろしして搬入です。

スタッフブログ「在宅用介護ベッドの導入」写真1「荷下ろしの様子」

こちらにベッドを設置します。

スタッフブログ「在宅用介護ベッドの導入」写真2「設置するお部屋」

梱包を解き、組み立てをして・・・

スタッフブログ「在宅用介護ベッドの導入」写真3「梱包を解き組み立て」

マットレスも敷き、完成です!

スタッフブログ「在宅用介護ベッドの導入」写真4「マットレスを敷き完成」
スタッフブログ「在宅用介護ベッドの導入」写真5「マットレスを敷き完成」その2

今回導入したベッドはパラマウントベッド様の「INTIMEシリーズ」というものです。

詳しくはこちら → http://intime.paramount.co.jp/item/intime1000/

 

私自身、ご自宅向けに介護ベッドを導入するお手伝いをさせて頂いたのは今回が初めての経験でした。

ご本人様の身体の状態や今後を見据えた中でのご家族の希望などから、どのようなものがより在宅生活を安全快適に過ごせるか、相談を重ねて進める事が出来とても貴重な経験をさせて頂きました。

「少しでも早く自宅に戻り、在宅で介護をしたい」

そんなご家族の希望にも沿うことができ、導入後、大変満足されたとの感想を頂き安心しました。個人の在宅生活のスタイルに合わせて、ご希望に沿った提案から幅広いご相談まで乗って頂いたパラマウントベッドの担当者様にも感謝です。

 

ご本人様、ご家族にとって今後もより良い在宅生活を継続頂ける事を応援しております。

※画像の使用についてご本人様、パラマウンドベッド様より承諾を頂いております。 

  


託児所から最後の投稿

12月に入り、日々の寒さが厳しくなっていく今日この頃です。

 

さて、以前よりお知らせしていましたように、網走中央病院託児所は12月20日をもって閉鎖する運びとなりました。

 

約10年前、病院職員のお子様1名をお預かりするところから始まった託児所。すぐに3名に増え託児所の場所も移動、初めは託児について何もわからず過ごしていた日々ですが、日を追うごとに業務にも慣れ、お子様の人数が徐々に増えて行き本格的に託児所として活動をしてきました。

(最初にお預かりしたお子様は今や小学4年生!!大きくなりましたね・・・。)

日々のお散歩の時には4条通りで出会うおじいちゃん、おばあちゃんにかわいがられ、触れ合う機会がとても増えました。

 

たくさんいた職員のお子様が減っていく中、他の職場で働く親御様のため、またリフレッシュの間などに利用できるようにと新たに外部利用者受け入れを始めたのが約7年前。

思えば手あたり次第の日々を過ごしていましたが、大型ベビーカーに6名のお子様、他4名は手を繋いでのお散歩。総勢15名のお子さんをお預かりした事もありました。

冬は雪遊びをしたり、夏はプールを出して遊んだり、時には網走川、道の駅なども行きました。その中でも能取湖での潮干狩り!たくさんの思い出を作る事が出来ました。

スタッフブログ 託児所から最後の投稿 写真1
大型ベビーカーでのお散歩!
スタッフブログ 託児所から最後の投稿 写真2
ばったり会ったプロレスラーさん!

このまま続くと思っていた託児所でしたが世間の動きと共に託児の問合せ、利用者が減っていき、気付くと職員のお子様はゼロ…風のウワサでは網走市の待機児童はゼロとの話しも。少子化と人口減少の影響が身近に起こっている事を実感したこの1年でした。

 

約10年間さまざまなお子様と親御様、またその他、地域の方々との関わりを持てたことをうれしく思い、また託児所職員として働かせて頂いた事に感謝をしています。

色々な方に支えて頂き網走中央病院託児所として出来てきた事に感謝をしつつ、12月20日の閉鎖日まで全力でお子様と過ごしたいと思います!!

またいつか、違う形かも知れませんがお会い出来たらよいなと思っています。

スタッフブログ 託児所から最後の投稿 写真3
能取湖の潮干狩り!
スタッフブログ 託児所から最後の投稿 写真4
サンタさんへお願い♪

約10年間、本当にありがとうございました。

スタッフブログ 託児所から最後の投稿 写真5

新人職員自己紹介

スタッフブログをご覧の皆様こんにちは。そして、はじめまして。

今年6月より当院で働いている、管理栄養士の羽根です。

 

まず、簡単に自己紹介をします。

私の出身は斜里町です。皆様、斜里町はご存知でしょうか?

当院のある網走市から東へ40kmほど行ったところにある町で、世界自然遺産の知床がある町、といえば分かる方もいらっしゃるかと思います。 

そして、「私を育ててくれた地域に恩返しをしたい!」の一念で、このオホーツクの地に再び戻ってまいりました。

 

さて、ではどのようにして恩返しをしていくのかと言いますと、管理栄養士として行う栄養指導を通して、網走市の皆様の健康を守るお手伝いがしたいと思っています。

 

世間の健康に対する関心は日々高まっていると私は感じます。

お店に買い物に行くと、トクホ(特定保健用食品)の商品がズラリ!

テレビや雑誌では、健康を題材にした番組や記事を見ない日はないほどですよね。

そんな健康に関する情報が身の回りに溢れるほどある中、もちろん正しい情報も多いのですが、全ての方にはオススメできないかも、という情報もあります。

一体どれが正しい情報なのか?正しい情報だとしても、それは自分自身の身体の状態に合っているのか?

相手の健康状態を見て、相手の話をしっかり聞いて、それからその相手個人に合った栄養や食事のお話ができる、というのは、テレビや雑誌にはない管理栄養士の強みだと思っています!

 

また、医療費の増加が話題となっていますが、そのうち半分以上は薬剤費だということが分かっています。

管理栄養士は栄養指導などを通して、薬が出る前の段階、病気の予防の段階で介入することができます。

医療費の削減に貢献できるというのも、管理栄養士の強みのひとつですね。

 

最後に少しだけ宣伝です。

今年の10月に、当院では温冷配膳車を導入しました。

このことにより、お食事を配膳寸前まで保温・保冷することが可能になりました。

ご飯やおかずは温かく、果物やデザートはしっかり冷やして提供することができるようになり、入院患者様からもご好評をいただいています。

特にこれからの寒い季節、温かいお食事で身も心も温まってもらうのに活躍してくれそうです。

スタッフブログ もうひとりの管理栄養士 自己紹介 写真(温冷配膳車)

2F病棟にて。

職員さんが準備してくれたクリスマスツリーが綺麗です。

 

 


管理栄養士 自己紹介

ブログをご覧の皆さま、こんにちは!

 

私は、今年の春に入職しました管理栄養士の三村です。

 

ここ最近は、網走も寒くなって来て、雪が舞うようになりました。

海風もあってか、すごく寒い!

網走に来る前は札幌近郊に住んでいたのですが、また札幌とは違う寒さに震えています…

 

出身が雪の降らない県だったので、網走に来て初めて海岸に雪が積もっているのを見ました!とってもキレイなのでぜひ網走・オホーツク海を見に来てください!

スタッフブログ 管理栄養士 自己紹介 写真1(秋のオホーツク海)
秋のオホーツク海
スタッフブログ 管理栄養士 自己紹介 写真2(冬のオホーツク海)
冬のオホーツク海。流氷がこんなに近くまで来ます。海が凍るのももうすぐです。

さて、私が網走に来て早くも半年…

まだまだ自分に足りないものが多いと痛感する日々です。

 

 

成長とは何か。

 

能力や知識を伸ばすことかなーと、最初は思っていたのですが

最近は、自分に足りないものを見つけ改善し、また見つけるの繰り返しを『成長』というのかな、と考えております。

知識や能力があっても、自分にそれが使いこなせなければ意味が無いですからね。

その逆もですが。

 

自分に足りないものが見つかる度に情けなくも思いますが、まだまだ成長できる、伸びしろはあると思いながら頑張ってます。

 

この職場は、自分で考えたり探したり模索しながら仕事ができて、すごく大変で悩みが絶えませんが楽しいです。

 

ここで働いて、仕事は『作業ではない』ということに気づかされました。

(最低限、作業も出来なくてはなりませんが…)

 

言われたことや日々の決まった業務をこなすだけでは、成長出来ません。

 

どう考えればいいのか、どう行動すればいいのか、相手が求めるものは?目的や理由は?

 

自分だけで終わりにせず、相手の事を考え行動する事が、仕事なのかと思います。

 

 

もうすぐ今年も終わりですね。

ちょっとだけ、今の自分を振り返って、仕事とは、成長とは何か考えるきっかけになってくだされば幸いです。

 

長々とここまで書きましたが、まだまだ私も成長途中で足りないことだらけです!

管理栄養士として、相手に何をしてあげられるのか、自分には何が出来るのか、何がしたいのか考えながら、今後も仕事を行いたいと思います。

 

まずは、この地域の方々を、いつまでも健康に!病気にかからないよう予防策を広めて行きたいと思っています。(病気や予防に関してのコラムを書いていきたいと思いますので、ぜひ読んでください!)

 

 

これから網走は、どんどん寒くなり乾燥していきます。

インフルエンザなども流行する時期となってきました。

うがい・手洗いはしっかりおこない、毎日ごはんを食べて、良く寝て、暖かい格好でお過ごしください。


理学療法士の鮭釣り

スタッフブログをご覧の皆様こんにちは。

当院、理学療法士の橋川です。

早速個人的な趣味の話ですが、私、今年から鮭釣りを始めましてすっかりはまっています。

この地域で鮭釣りが盛んなのは知っていながら中々経験する事なくいたのですが、

今年、機会があって経験してからというものすっかり虜になっています。

そんな私の姿がこちら↓

スタッフブログ 理学療法士の鮭釣り 写真1
スタッフブログ 理学療法士の鮭釣り 写真2

スタッフブログ 理学療法士の鮭釣り 写真3
スタッフブログ 理学療法士の鮭釣り 写真4

※ちなみにこの釣り場は当院から車で約10分の場所です。

鮭釣りでは、色んな感覚が試されるところが魅力的に感じています。

この海の中鮭はどの辺にいるのか、どこを通り道としているのか自然を読む感覚や、

状況に合わせてウキをどうしたら良いとか、餌はどうしたら良いとか、

合わせのタイミングの感覚はどうとか。

釣るためには色んな感覚をあげないといけなく、それが難しいから楽しい。

何より簡単に釣れるものじゃない事もよーく分かりましたし、

感覚の悪い者には釣れない事もよく分かりました…

 

もう間もなく鮭釣りシーズンは終わりを迎えます。

今年は全然物足りない結果でしたので、来シーズンを楽しみに待とうと思います。

 

当院では只今理学療法士を募集しています。

鮭釣り趣味の方や鮭釣りをしたいという理学療法士の方、

私と一緒に自分の感覚を試しにきてみませんか?

※もちろん鮭釣りに興味の無い方も歓迎です。


鮭釣り(その4 人の集まる場所)

スタッフブログをご覧の皆さんこんにちは。

先日からの鮭釣りの投稿が続いておりますが、なぜ病院が釣りの話しを取り上げるのかと疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

一言で言ってしまえば『人が集まる趣味だから』という事に尽きるのですが、もう少し詳しくお話しいていきますね。

 

昨年私たちが『N43° ABASHIRI ここで暮らす?』というドラマを作成した事をご存知でしょうか。

これは、地方都市が抱える大きな問題…年々人口が減っていく状況に網走もなっていて、このままでは衰退していく一方となる問題を少しでも改善できないかとの考えから始めたものです。

一言に改善と言っても日本全体で人口が減っている状況ですので現象を覆すのは難しいですが、この先の減少の度合いを遅らせる事に向けての行動は出来るのではないかと考えておりました。

 

もう少し紐解いていくと、進学や就職で網走を離れた若者が再度網走に戻って来ない事が多いという現状があります。

他の地域に出て新たな経験を重ねる事は良い事であると思いますが、そのまま地元に戻って来ない人ばかりではこれもまた人口が減っていく一方となります。

そんな状況に対し今年の6月には、市内の中学生にプロミュージシャンとの共演を通じ大人になった時に『網走って良い街だったな』と感じて、また戻って来たくなるような考えに繋がらないかと考えて音楽イベントを開催しました。

 

そして、この人口減少から今後予想されるのは『利益不足』ではないかと思います。

単純な構図で考えると、人口が減る事でお客さんとなる人が減ってしまいます。買う人がいなければ物が売れませんから売り上げが下がり、利益も下がり、最終的には閉店に…

逆の立場からは買い物がしたくても店がない。店がないから他所で買い物を済ませよう。…網走にお金がどんどん落ちないようになっていてしまいますね。

 

そのような事から、他所から人に来てもらう事も一つの改善方法ではないかと思い、それにはどんなところに人が集まるのか。という考えから実際に人が多く集まっている場所を見てきたのであります。

実際の釣り場には、釧路、旭川、札幌などの道内各所のナンバー。道外から来ているのが分かるナンバーも見られました。

 

釣りだけが人の集まる趣味という訳ではありませんが北海道の中心とは言えないこの地に、日本各地からこれだけ同じ目的をもって人が集まる事というのは、他にそうそうないのではないでしょうか?

その視点から考えると、とても強いパワーを持っている物だと思います。

スタッフブログ 鮭釣り(その4 釣り場の写真)

釣り場で横浜から来た方とお話しをする機会がありました。

この時期は1週間近く休暇をとり鮭釣りの為にこちらに訪れているようです。

初日にお会いした日は全く釣れなかったようですが、その日に一番釣果を上げていた方から聞いた秘訣通りにこの日はしてみたところ…ガンガン釣り上げていました。

聞いた話しに何かしら感じるところがあって、それを素直に受け入れた結果なのだと思います。

元々は京都のご出身で釣り歴も長く色々な釣り場で釣果を残されてこられた様です。

鮭釣りとはそんな方でも魅了して足を運ばせてしまう大きな魅力をもった趣味なのだと思います。

せっかく遠くから来てくれた方に対して情報を出し惜しみしない事。釣れた満足からこの方は更に魅力を感じてくれたのではないでしょうか。その証拠に秘訣を教えてくれた方を早くも師匠と呼び、話しを教えてくれたその表情はとても楽しそうでした(笑)

そして後でわかったのですがその師匠というのは、私の上司だったというオチまで!

 

人が集まるのにはそこに何かしらの魅力を感じるから。しかし自然と集まるからそれでいい。という訳ではなくそれが継続しなくてはいけない物だと思います。その継続にはどのような事をしなければいけないのか。

釣り人の皆さんからお話しを聞いても年々鮭の量も減ってきているようです。資源がいつまでも続くとは限りません。そんな変化のある状況の中この先を見て、新たな物を迎え入れていく考えが必要になってくるのではないでしょうか。

簡単に出来るものではないでしょうがその考えを頭のどこか片隅において、何かの拍子にそういった方とお会いした時には『来てくれてありがとう』との気持ちで接していく事で、また継続的に来たくなると感じて頂けない物かと思います。

そこに無理な形でのおもてなしや気遣いは不要なのだと思います。

スタッフブログ 鮭釣りその4(写真2釣果)

鮭釣り(その3 初めての鮭釣りで思ったこと)

鮭釣りブログ3話目です。

釣りも終わり当然帰る為に車両まで移動をするのですが、ここで嬉しい釣果である4本の鮭が今度は重量物として行く手を阻む事となります(笑)

袋に詰め、クーラーボックスに入れ替え二人がかりで来た道を戻ります。時間にして10分まではないとは思いますが…なかなかの重さでした。

 

今回私はタモ係がメインでしたが、終盤の小1時間ぐらいは実際に竿を振ってみました。

全く当たりは来ませんでしたが(笑)

目の前を幾度となく飛び跳ねる鮭、しかし釣れない自分、難しいものです…

同行していたもう一人も結局釣り上げる事は出来ずにいて『人の動きと違って自然(鮭)の動き(環境)を読み取る事は難しい』との感想を持ったようです。

 

釣る前の準備、下調べ、釣っている最中での魚の動きの読み、帰りの重量。

正直どれをとっても大変な事ばかりではありますが、釣れたあの瞬間の快感はそれらがあるからこそ得られる物かと思います。大変さがあるからこそ得るものの大きさを感じられた一時でした。

実際に体験してみて、釣る為の苦労はたくさんあるけれどその分の大きな実りが得られる貴重な場面であり、その機会を持てる事がこの地の素晴らしさであると、今の自分は他の方へお話しができるようになったと感じています。

 

帰りの道中も車内で釣りの話しはもちろんですが、普段はなかなか落ち着いて出来ない仕事の話しもできて単なる移動時間ではなく、移動時間が貴重な時間とする事もできました。

そこに意味を持たせる事が出来るかも視点の変え方と言えるものかと思います。

 

最後に余談ではありますが、車で片づけをしている際に札幌からいらした方から声をかけられました。あちらから来たからには何とか釣り上げて行きたいとの意気込みで色々と釣り場の質問をされましたが、初対面の方ともこのような交流が出来るという事も一つの楽しみであるかと思います。

なにより普段から会っている方と違った方との会話から得られる事に大きな意味があり、新たな発見や気付きに繋がる良い機会であるとも思います。

こういった他者との会話から学ぶ事が出来る機会を出会いと呼べるものなのかと…最初に話しかけられ質問に答えられなかった私は非常に強く感じておりました。

 

また、同じ港でありながら釣れるポイントがあんなに大きく変わる事も非常に驚きでした。私のような素人は目の前で起きている現象に目が行きその場所で釣れば釣れるものかと思いがちでしょうが、師匠たちはその場の状況を冷静に判断し、この状況からならきっとこういった変化が出るという事を読み取り、最終的に良い場所がどこであるかを判断されていらっしゃいました。

ここまでの読みに至るまでには相当の経験と、釣れなかった時の振り返りを重ねた事からなのだと思います。良質な経験とその振返り、それがやがて積み重なって大きな成果になるのかと感じた一日でした。

 

1年で限られた時期にしか出来ない貴重な体験。実際に今回連れて行って下さった駒井さんは鮭釣りの魅力がなければ網走に引っ越してきていなかったでしょう。

もしそうだった場合、昨年のドラマの制作もなく私がこの鮭釣りに同行する機会もなかったかもしれません…そんな人の人生の選択に大きく影響がある鮭釣り、みなさまにも是非味わって頂きたいと思います。 

次回は、病院という人の命を取り扱う機関で何故このように釣りを取り上げるのか?

 

その辺りに触れた投稿をさせて頂きたいと考えております。


鮭釣り(その2 鮭を釣る!)

さて先日の投稿に引き続き鮭釣りのお話し。2回目の本日は実際に釣っている場面です。

 

私たちのポイントは釣りはじめからすぐに釣れるという感じではありませんでしたが、時間の経過と共に鮭が海面に飛び出してくるように…鮭の群れがこちらに移動してきたようです。どうやら師匠たちはこの動きを予測していたようですね…その動きが見られはじめた途端今日一番目の当たりが師匠の竿に!

回りにいた方も含め自分たちのいたポイントでは最初の当たりです。

 

暴れる鮭を近くへ手繰り寄せてもらい、タモ(網)ですくい上げて無事にゲット!

っと言いたい所ですがここでアクシデント発生です…近くに寄せて頂いたものの私のタモさばきが未熟なため一発ですくえずに魚が再度暴れまわってしまい、他の方の糸と絡まってしまいました…失敗を感じられる良い経験をさせて頂きました…

 

糸ほどきで余計な時間が掛かったものの釣りを再開。ここでふと朝一に一番辺りがあったエリアに目を移すと、この時間には全く反応が来ていないのです。

朝方の師匠の予言通りとなりました…仮にあの時目の前の状況に踊らされそこをポイントとしていたら、痛い目に合うところでした。これも経験と実績からくる予測という物で行動しているからこそ、それが出来るものかと感服しておりました…

 

その反面こちらのエリアでは、付近で釣っていた方にもあたりが出始め私たちには2回目の当たりが!

今度は先ほどよりも少しスマートにタモを扱う事ができ無事につり上げを…ほっとしました…細やかではありますが、行動からの経験を積めたものだと思っております!

釣り上げた鮭はこんな感じで間近で見ると本当にきれいなのですよ。

 

その後も鮭が海面に顔を出す姿が見受けられ、群れがどんどんこちらのエリアに移動してきているのが目に見えて分かるぐらいです。

 

所々で一瞬水面で跳ねているのがお分かり頂けるでしょうか?

 

最終的に釣り人3名で4本の釣果となり、お昼頃に引き上げです。付近の方と比べ、比較的多く釣れたグループであったかと思います。

釣っている時間はあっと言う間で空が白み始めてからは数時間が経過しているとは思えないぐらいに時間の流れが速かったです。

 

この後車へと戻るのですが、またそこでも新たな大変さが…それはまた次回にお届けします!


鮭釣り(その1 釣り場選び)

スタッフブログをご覧の皆さんこんにちは。

 

昨年のドラマでも一つのポイントとなっていた『鮭釣り』のシーズンが今年もやってきました!

先日、ドラマ制作のプロデューサーも担当された駒井さんと作中で釣りの師匠としてご出演を頂いた方のお二人が鮭釣りに行くとの事で、私と理学療法士の2名も素人ながらに同行させて貰いました。

素人の私がこの鮭釣りに同行したきっかけとしてはドラマにあるのですが、3月に東京で開催した上映会終了後に『釣りはやったことが無いけど、あの映像をみて鮭釣りをやって見たくなった』と直接お話しをお聞きしたのが一番のきっかけでした。

アンケートでも鮭に興味を感じている回答も多かったです。

それならば自身でもお伝えできるように直接体験をしてみよう!

との考えから同行させて貰いましたが、正直邪魔臭かったと思います(笑)

 

今回釣り場として選んだ場所は世界遺産知床からほど近い某所。網走市内での鮭の訪れはもう少しあとの時期という事で、時間にして1時間半ぐらいのこの場所へ。

出発の時間は夜の11時。夜の内から釣るのかと思ったのですがそうではありません。

場所の確保の為に夜の内から現地に到着をする事が目的です。

私自身は素人なのでそういうものなのか~、ぐらいの感覚でしたが、現地についてみると既にたくさんの車が…道内各地のナンバーが見られ、中には鹿児島ナンバーの車もありました!

そんな中でなんとか停められる場所を確保し、暗がりの中早朝の釣りに備えて釣り場の下見を…幾度となく訪れていても直接確認が大切なのだなと感じていましたが、何事も現地での情報という物が一番確実でありますね。

行く前と行ってからの行動、どちらも準備が大切と言う事の実践だともいえる事でしょう。

釣るポイントの想定を終え車内で仮眠をとり朝方4時ごろ、周りの方々も動き始めます。私たちもそれに合わせて行動を開始。まだ少し暗い中で狙いをつけていたポイントへと道具を抱えて移動します。

スタッフブログ 鮭釣り(釣り場の風景)

私たちが今回のポイントとした場所はこんな感じの所です。

私は竿を振らず、釣り上げた鮭をすくい上げる網(タモ)を扱う事に。

このタモ入れ、実は結構重要なポジションであるのです。鮭は網が目に入ると逃げようとする習性があり場合によっては釣り針が外れてしまう事もあるなかで、いかに一発でタモの中に入れすくい上げる事が出来るかがポイントであります。

正直そこまでの大任だとは思わずにいました…

 

私たちが選んだポイントへ移動している最中、別の場所をポイントとしている方の間では既に辺りが出始めています!

10分に1本は上がっていたでしょうか。素人目にも良く釣れているという感覚でし、あっちの方が良いのではないだろうか?と密かに思いながらも移動。ですがこちらの師匠たちは全く意に介さずといった様子で、もう少ししたら釣れなくなるよとの話しが出ておりました。

私自身はこの時の言葉の意味をすぐには理解できずにいましたが、後々この言葉の意味を実感する事になるのです。

 

ポイントに到着し空が白身始めたころ、こちらもいよいよ開始です。

この後のお話しはまた後日投稿させて頂きます…お楽しみ下さい!

 

皆さん、釣りを行う際には安全に十分配慮して楽しんで下さいね!


大演奏会を開催しました!

皆様 久しぶりのブログ投稿です。

先日コラムにて大演奏会を開催しますとお伝えしときながら、その後の話がなくて申し訳ありませんでした。

お陰様で、コンサートは盛大に行わせて頂きました。ありがとうございました。

 

そもそも、今回の企画は、現在ジリジリと人口減少が進む「我が町網走」を何とか出来ないかという危機感の一環で始まりました。

人口減少によって何が起こるかと言うと、安心安全な医療が提供できなくなる可能性につながる可能性が高いのです。

 

私どもは、市民の皆様に向けて、単に医療サービスの提供だけではなく、予防医療の観点も加えて、心身共々元気になること、街も元気になることを考えて参りました。 街に魅力が広がれば、人が集まってきます。人が人を呼び、元気になっていくのではないかと考えております。

その一端として、昨年、網走の魅力を全国に伝えるドラマも制作しました。

 

以前から私どもとつながりがあった、ドラマの音楽監督である村山竜二氏が網走の大ファンになり、音楽を通じて街や人に元気が伝わり、未来を担う世代共同作業が出来ないだろうかと言ったことから今回の企画が立ち上がりました。

梅津和時さん、村山竜二さん、エビ沢キヨミさんのプロメンバーと「我がまち網走」の未来を担う、音楽好きの網走一中吹奏楽部の生徒たちとの大演奏会は、世代を超えて行われました。

 

合奏、合唱とそれぞれの演奏パートで

A列車で行こう、よくかむご飯、風になりたい、八木節、夏の決心、スペースキャット、サムライトランス、網走においでよ、アメージンググレイス、ハバナギラ、東北、心のふるさと、シング・シング・シング 全13曲。

コンサートに来てくださった方から、色々、ヴァリエーションの曲を聴くことができ、楽しかったの声を多く頂きました。

 

実は、プロメンバーと吹奏楽部の皆さんとの合同リハーサルは本番当日のわずか1時間しかありませんでした。

というのは、本番当日は火曜日の平日で、生徒たちは授業が終わってからしか会場に入れず、ご家族に送ってもらい、楽器の搬入もその時間帯に行われるという、かなりタイトなスケジュールでした。

16:30頃に開場に入って準備をしての17:00頃から18:00の開場まで、1時間程度しか許された時間はありませんでした。

村山さん、梅津さん達は、前日にこの地に入って貰いましたが、網走自体を知ってもらうために、色々観光などの時間をつくったのです。

プロメンバーは、いつもは会場に入って演奏をしてそのまま帰って行くサイクルがほとんど。その街を見ることはないのです。せいぜい会場の近くの飲食店で過ごすぐらいです。だからこそ、網走の良さを知ってもらうために観光タイムを設けました。とても喜んでくれてました。

生徒たちにしても、ぶっつけ本番のような感じだったけど、それも良い経験になり、本番は1時間前に初めて顔を合わせたとは思えない素晴らしい演奏でした。

 

ご来場くださった皆様、出演してくださった梅津さん、村山さん、エビ沢さん、

網走一中吹奏楽部の生徒の皆さんと橋本先生。

本当に、どうもありがとうございました。

 

実際の大演奏会の様子は、後日映像で紹介します♪

 

大演奏会の様子です。画像はクリックすると拡大表示されます。

スタッフブログ「大演奏会を開催しました!」写真1
6月20日 大演奏会のステージ
村山竜二さんとMCの高山かなさん
村山竜二さんとMCの高山かなさん
エビ沢キヨミさん
エビ沢キヨミさん
村山竜二さん
村山竜二さん
網走一中吹奏楽部と梅津和時さん
網走一中吹奏楽部と梅津和時さん
梅津和時さんのクラリネットソロ
梅津和時さんのクラリネットソロ
トランペットのソロ!
トランペットのソロ!
パーカッションセクション!
パーカッションセクション!
チューバが3本!
チューバが3本!
太鼓も活躍!
太鼓も活躍!


日本の医療費(1)なぜ医療費は増え続けるのか

スタッフブログをご覧の皆さんこんにちは。

 

本日のブログは少し難しい内容かと思いますが、ご覧頂いて理解ができなかった場合、私の説明がわかりづらかったということで、まずは目を通していただければと思います!

 

皆さん、最近お給料が上がった方はいらっしゃいますか?

そういえばここ数年横ばいだ…上がってはいるけど昔と比べると少ない…

そのように思い当たる方、では、その原因がどんなことにあるだろうとまで考えてみたことはありますか?

事業の売上自体は上がっているのに給料に反映されないのはなぜ…そんな状況になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこには恐らく、企業として将来に備える考えがあるのではないかと思います。

 

経済産業省が発表した平成26年の国民医療費は40兆円を超える額となったそうです。

国家予算が約90兆円ですので、その半分に近い金額が医療費に使われている事になります。

ちなみに国民一人当たりの負担に換算すると年間約32万円となります。

 

高齢化社会が進んでいるから仕方がないものだ。確かにその一面は否定できません。しかし団塊の世代と呼ばれる方々が75歳を超える2025年をこれから迎えるにあたり、今のままでは医療費はどんどん膨らんでいく一方です。国では60兆円を超えるのではないかとの予測を立てています。

 

スタッフブログ「日本の医療費」資料1「社会保障給付費の推移」
※経済産業省HPより ・資料の画像をクリックすると拡大表示できます。

医療費の主な財源は国民の皆さんからの税金(保険料)となります。個人負担分も当然ありますが、主には国家の予算からの割り当てとなります。

医療費が増える事で国民一人一人の負担が増え他の予算との兼ね合いが取れなくなる。予算というのは無限にあるものではありませんので、国としてはこれを軽減していくことを当然目指していくと思われます。

 

また、医療費と共に介護費、年金などを合わせた【社会保障給付費】が増えていくことも考えていかなければなりません。

これらが増えることは、個人負担だけではなく企業の負担する費用が増えることにも繋がります。企業の税金負担が増えると個人への給与の支払いに回す余裕もなくなってしまいます。場合によっては事業を続けることが難しくなる状況にも繋がりかねません。

スタッフブログ「日本の医療費」資料2「社会保険料負担」
※経済産業省HPより ・資料の画像をクリックすると拡大表示できます。

個人の暮らしを守るためには仕事が必要。そのためには企業の存続が必要。

私たちには今だけではなくこれから先を考えての準備を今から取り組まなければならないと思います。これは今を生きる私たちだけではなく、その先を生きていかなければならないこれからの世代にも繋がる大きな問題であると思います。

 

先に述べたように、高齢者が増えていくのだから、医療・介護・年金が増えるのは当たり前。といった視点だけではなく、これを抑える方法がないかを考える必要性が求められてきます。

 

(今後もこのテーマでの投稿を継続します。)

 


5月の網走

※現在当院では、薬剤師をはじめとして職員の募集を行っております。季節毎に色々な表情の見える網走で、私どもと一緒に働いてみませんか?詳しくは職員採用のページをご覧ください。

 

スタッフブログをご覧のみなさんこんにちは。

5月になり網走もポカポカとした陽気の続く日が増えてきています。

 

朝方の二ツ岩の様子です。ドライブがてら撮影してきました。

スタッフブログ「5月の網走」写真1(朝方の二ツ岩の様子)
スタッフブログ「5月の網走」写真2(朝方の二ツ岩の様子)

遠くにですが漁船が数隻見えます。

網走の冬の風物詩ともいえる流氷が去って海水温も上がってきて、また美味しい海産物が獲れるようになってきます。

 

となると気になるのが個人で楽しめる釣りの様子!どんな状況かと気になりドライブルートを変更し見に行ってきました。

 

場所を移すとちらほらと釣り人の皆さんが。

スタッフブログ「5月の網走」写真3(朝方の網走港の様子)

お話を聞いてみると釣果はぼちぼちのようです。

ちなみに釣れていたのは『鰈』30~40cmぐらいの大きさのものでした。

スタッフブログ「5月の網走」写真4(朝方の網走港にて釣りの様子)

「魚もってくかい?興味があるなら竿もあげるよ~。」っと初対面にも関わらず優しいお言葉も頂きましたが、さすがに厚かましいなと思い遠慮致しました。

6月中旬ごろからもう少し海水温が上がってくるともっと釣れるようになるだろうと今から楽しみにされていらっしゃるご様子でした。

 

ほんわかとした雰囲気でゆったりとした時間の流れと、網走の釣り人の方の優しさに触れられた瞬間。自分も他の方へそう発言出来るだろうか?と考えさせられ、今度は自分も自ら体験してみたようか…そう感じた一時でした。

以前沖縄に行った際にも地域の釣り人の方とお話しする機会がありましたが、その時と同じような感覚…心の余裕を持っていらっしゃるなと感じました。きっと趣味の部分も楽しんでいらっしゃるところから来ているのだろうなと思います。

 

何気ない思い付きの行動からでしたが、綺麗な景色を前に朝からそんな贅沢な時間を過ごして参りました。

 


東京上映会の報告

スタッフブログをご覧の皆さんこんにちは。

ブログ更新の日程が開いてしまいましたが、前回のブログで告知をしておりました『N43° ABASHIRI ここで暮らす?』の東京上映会の様子をご報告致します。

下の写真は上映会場の渋谷アップリンクです。

『N43° ABASHIRI ここで暮らす?』の東京上映会(写真1)

上映直前のホールの様子です。

座席数は60席ほどのミニシアターです。

 

19時開演時間となり、まずは土手監督よりご来場者の方へのご挨拶。

『N43° ABASHIRI ここで暮らす?』東京上映会(写真2)

そして、主演の高山かなさん(一番右手)、音楽監督の村山竜二さん(右から3番目)、そして上映会終了後にミニライブを行って頂く村山さんのバンド『ASTRO-B』のボーカル、エビ沢キヨミさん(右から2番目)、3名の方のご紹介を行い、そのあと作品の上映へと進行しました。

 

網走上映会の時には舞台裏で動いていた事もあり、上映会場でじっくりと観るのは当たり前ですが初めてでした。夢中になっていたのか、あまりにもあっという間に上映が終わってしまった感覚でした。

 

作品をご覧頂いた方からは

 

『雄大な自然を実際に感じてみたい』

『美味しそうな食事を味わってみたい』

『鮭釣りを実際にしてみたい』

 

そんな声が寄せられましたが、『実際に体験』というのが共通しているように見受けられました。やはり東京ではなかなか体験できないことが網走にはあるのだと思います。

『N43° ABASHIRI ここで暮らす?』東京上映会(写真3)

上映会終了後には『ASTRO-B』によるミニライブ。

作品のテーマ曲にもなっている『心のふるさと』も演奏がありました。

網走から離れた地で聞くと、網走ってこう感じて頂けるところなのだなと以前にもまして感じられる部分がありました。

 

網走の一企業が始めたドラマ撮影という活動が、北海道の地方都市から東京という大きな舞台での上映に繋がった事、それはまるで作中でも触れた『川で生まれた鮭が大海へ出て大きく成長していく』。そんな生態の様だなとなぞらえて考えておりました。

しかしそこで終わりではありません。鮭は大海に出て大きくなった姿で故郷の川に戻ってきます。そして私たちの活動もその生態のように大きくなって、網走に戻ってくる事となります。

 

今回の東京でまた新たな活動の話しが上がったのです。

 

昨年のドラマ撮影から生まれた繋がりが、より大きな繋がりへと広がった事から生まれた活動です。

人と人との繋がりから、新たな活動へと繋がる事。そしてその新たな体験から得られた事から更なる繋がりが生まれる…そんな事を感じて頂ける場を目指して準備を進めている所であります。

 

今の段階では6月20日に網走市でイベントを開催!という部分までしか発表が出来ませんが、詳細を発表できる段階になりましたら皆さんへご情報をお届けしたいと思います。その日を一日でも早くに行えるよう準備を進めてまいりたいと思います!

 


ドラマ東京上映会

スタッフブログをご覧の皆さんこんにちは。

昨年、網走でも上映会を行ったドラマ【N43° ABASHIRI ここで暮らす?】の東京上映会が撮影会社の『株式会社 シュークリース』により開催される事となりました。

 

開催日は平成29年3月27日(月)、会場は渋谷のアップリンクとなります。

18:30開場、19:00開演。チケットは税込み1,000円です。

上映会後には音楽監督を務めて頂いた『メカ・エルビス(村山竜二)』さんによるミニライブも開催予定で、ご自身のバンド『アストロビー』のニューアルバムにも参加された『エビ沢キヨミ』さんもご出演されます。

 

網走市の人口は29年1月末の時点で36,853人(網走市役所HPより)となっております。

この人口減少が及ぼす影響として私たち医療業界において説明すると、地域の病床数が減少する事に直結します。簡単にいうと、その地域で確保できる入院患者さんのベッド数が減らされてしまうという事です。そうなると次にどういった事が起きるのか。入院患者さんの数が減るので働く人手も減らしていく事になります。

 

以前は『医療関係の資格を持っていればいつでも働ける』といった状況でした。実際の所現在もその状況に近くはあるのですが、以前と比べ医療機関ごとの特色に応じた人材を求める意味合いが強くなってきています。人材不足の業界ではある物の、働ければ誰でもよい。といった中身ではなくなってきているという事です。

私たちと同様に人材不足に悩まされている業界。逆に小売業などでは顧客となる商売相手の減少。内容は別として人口減少の影響は他の職種でも、この網走市内においてもきっとあるかと思います。

 

『この先こうなっていくだろう』というのが解っていればそこに対する準備ができます。

私たちは日々、様々な変化のある社会の中で『人口問題』に対して目を向けました。

ドラマの制作はそこに対しての準備です。そしてその準備が整った今、次は行動として上映会を通じ網走のアピールを行っていきたいと考えています。

 

『ここで暮らす?』とのタイトルにもあるように作品には『網走で暮らしてみませんか?』といった問いかけや『網走での生活ってこんな感じです!』というような想いやメッセージが込められておりますが、作中で網走の全てを語れている訳ではありません。

作品に込めた想いとしてはこのドラマを通じて網走で暮らしてみたいと思って頂く事ですが、その為には網走を先ず知ってもらい、そこから実際に足を運んで頂き網走を体験してもらい、その後も網走へ遊びに来てもらう。そして最終的には…東京上映会でそのような事のきっかけに繋げたいと思っております。

 

東京と網走は、羽田―女満別空港間の直行便ですぐに移動が出来ます。距離は離れていますが、この1本の便で移動が出来るのは非常に大きな事です。

気軽に網走へ遊びに来て、こちらの自然、人、食材、様々なものに触れて頂き距離感を埋めて頂く…そこには携わる関係の方の努力はもちろんの事ですが、網走の今後を考える市民として、誰かがやってくれるではなく誰でもやるといった考えで、出来る事をやっていきたいと思います。

スタッフブログ(ドラマ東京上映会)案内1
画像のクリックで拡大表示します。
スタッフブログ(ドラマ東京上映会)案内2


職員研修会

スタッフブログをご覧の皆さんこんにちは。

2月上旬に当院の『感染対策委員会』監修のもと職員向けに『感染対策研修会』を実施致しました。

今回は『中外製薬株式会社』の『佐々木 達訓(ささき たつのり)』さんを外部講師としてお招きし『院内感染対策とタミフル』についてご説明頂きました。

スタッフブログ(職員研修会)写真

この時期に多く身近な感染としてはインフルエンザが挙げられるかと思います。

私たち職員自身が感染予防を講じる事は当然ですが、通院された患者さんや入院患者さんへ感染を防ぐことが非常に重要です。

特に入院患者さんは体力が落ちている方が多いので、インフルエンザに感染すると大事になりかねません。

感染症に対しての予防はごく一般的にも知られている『うがい・手洗い』を基本に、手指消毒やマスクなどの個人用防護具の使用などがあります。今回の研修では効果的なタイミング、防護具の種類や着用場面を学びました。

そこから『空気感染・飛沫(ひまつ)感染・接触感染』に関してそれぞれの感染経路に関して予防策、またどのような感染症があるかを確認致しました。

しかし、予防を講じても感染してしまう場合もあります。冒頭にあげたインフルエンザを取り上げて、発症した際に処方する『タミフル』の効果・効能。投薬した際の回復時間等の有効性をデーターでご説明頂きました。

 

私たち医療業界に関わらずどの業界にも言える事でしょうが、日々進化していく技術や器具の情報を得る事はとても大きな事だと思います。

このような研修から病院理念にある『患者様への良質な医療の提供』に繋げていきたいと思います。

 

講師を務めて頂きました佐々木様、改めてありがとうございました。

 


第5回 網走中央病院野球教室 開催報告

H29年1月21日(土)に「第5回 網走中央病院 野球教室」が開催され、

市内5チームから4年生31人、5年生24人、合計55人もの子供達が参加し、講師の宇佐美康広氏、副島孔太氏のお二人より野球指導を頂きました。

 

第5回 網走中央病院野球教室(写真1)
第5回 網走中央病院野球教室(写真2)講師の宇佐美康広氏、副島孔太氏。
※右側より講師の宇佐美氏、副島氏。

子供達のキラキラした眼差しと沢山の笑顔には、講師のお二人も感激されていました。

 

第5回 網走中央病院野球教室(写真3)指導風景
第5回 網走中央病院野球教室(写真4)指導する副島氏
第5回 網走中央病院野球教室(写真5)指導する宇佐美氏と話しを聞く児童

終了後の子供達のアンケートには

「楽しかった」

「誉められて嬉しかった」

「分かりやすく教えてもらえて良かった」

など、子供らしい素直な感想が沢山あり、今回の教室が子供達にとって貴重な時間になった事ととても嬉しく感じています。

ご参加頂きました選手の皆さん、

教えてもらったこと、記憶に残っている事、何か一つでもいいから覚えておき、これからの練習の中で思いだして取り入れてみて欲しいなと思います。

 

教室の最後には講師のお二人から子供達へのこれからの成長を願ってメッセージが送られました。

宇佐美さんからは

『野球は急にうまくなることはないけど、コツコツと努力していると一気にうまくなる時があります。そうなる為には、一生懸命練習をする事』

同じく副島さんからは

『何か一つ、毎日続けることを見付けて。みんな野球ができるのは父母のおかげなので、感謝の気落ちを忘れずに』

と、野球に取り組むうえでの心構えを選手に向けて頂きました。

プロ野球という厳しいグラウンドに立った方々からのお言葉という事もあり、子供たちに向けても説得力のあるお話しだったかと思います。

 

また、選手だけではなく講師の指導を近くで見ていた各チームの指導者の皆さんや開催に携わった職員も同様に色々な事を学ばせて頂きました。

 

私たち大人も子供たちと一緒に成長をし、それをまた次世代の後輩たちに伝えて行けたらと思います。

 

第5回 網走中央病院野球教室(写真6)集合写真1
第5回 網走中央病院野球教室(写真7)集合写真2

今回の開催に当たりまして、ご協力頂きました指導者の皆様。ご理解とご協力を頂きました親御様。そして講師としてお越し頂きました宇佐美様、副島様。

この場をかりて、教室開催にご尽力頂きました皆様に心よりお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

この取り組みが子供たちにとって、将来大人になって網走を離れる事になっても、再び古里の網走へ戻ってくるきっかけになるような思い出を作る事ができれば。

その考えを基にこれからも引き続き、参加した選手はもちろん親御様、指導者をはじめとする地域の皆様のお力になれればと思っております。

野球をはじめとしたスポーツでの軽度の怪我や故障だけではなく、大人の方の肩こり、腰痛などの一般整形に関しましても、お困りの方は是非お気軽にご相談頂ください。

子供を支えていく上でも、先ずは私たち自身が健康体である事が大切になってくる事でしょう。

 


網走中央病院 野球教室

スタッフブログをご覧の皆さんこんにちは。

 

本日は『子供たちの為 仲間の為 網走(北海道)の為」網走のスポーツを応援します。』というコンセプトで、当病院が地域貢献活動の一環として行っている『あば スポ Okhotsk』の活動をお知らせいたします。

 

網走市内の少年野球チームを中心に行っているあばスポ活動、シーズンオフとなるこの時期は数チームの練習を訪問し、シーズンインに向けて子供たちのパフォーマンスアップに向けた身体の使い方やその為トレーニング方法等を指導しております。

色々なスポーツにおいて『技術』という物はもちろん必要ですが身体の土台がしっかりとしていなければ、その『技術』をパフォーマンスとして満足に発揮する事が出来ません。

この身体の土台作り、そこからの身体の使い方などの指導を通じて子供たち、指導者の方々と交流をさせて頂いております。

また、医療の現場にいる者の立場としてからもスポーツをやる上では切っても切れない問題、怪我や故障に対しての予防や知識。怪我をしてしまった場合の対処等も説明させて頂いております。これら活動の詳細はあばスポフェイスブックページからも、ぜひご覧頂けたらと思います。

あばスポOkhotsk フェイスブックページ

 

さて、そんなあばスポで平成25年から行っている活動として、プロ野球チーム、ヤクルトスワローズに所属されていらした『宇佐美 康広』氏を講師としてお招きし『網走中央病院 野球教室』を開催しております。本年も『第5回目』として1月21日(土)に開催する予定となり、現在それに向けての準備を進めております。

昨年の教室の様子はこちら。

 

過去の開催においては宇佐美氏より子供たちに向けて、『野球基本動作の大切さ』などの技術面に加え、『野球を通して出会えた(共通の夢を持った仲間)仲間との繋がり』、『夢を持つ事の大切さ(夢をあきらめない事)』『誰にも負けない 野球が大好き」という気持ちが「プロ野球選手になるという夢」の実現に繋がったこと』など、ご本人の経験談に基づいたお話しも頂きました。

実際にプロ野球という世界をご経験された方のお話しという事もあり、子供たちの心に強く印象付けされたのではないかと思います。

 

今回の第5回目では宇佐美氏に加え、同じくヤクルトスワローズに所属されていた『副島 孔太』氏も講師としていらっしゃいます。

プロの世界を経験をされたお二人からどの様な指導、お話しがお伺いできるのか。参加者以外も自由に見学ができますので、野球というスポーツのくくりだけではなく、他のスポーツをされている方にも是非ご覧頂ければと思っております。

 

開催の日程はこちらです。

日程:H29年1月21日(土)

場所:オホーツクドーム(網走市字呼人339番地1)

 1部 9:00~12:00

 2部 13:00~16:00

※天候状況により宇佐美氏、副島氏不在での開催となる場合もございます。

 


内視鏡 新システム

スタッフブログをご覧の皆さんこんにちは。

 

先日のブログにも掲載しました導入検討中の内視鏡の新機材ですが、『オリンパスメディカルシステムズ株式会社』から発売されている『EVIS LUCERA ELITE(イーヴィス ルセラ エリート)』というシステムより『上部内視鏡』に関わる機材の導入を検討しております。

販売メーカーはカメラ等で有名なオリンパスのグループ企業です。同社の製品と比べても従来の製品より高画質での映像を映し出すことが可能となり、病変部の発見をしやすくなり病気の早期発見に繋がるようになります。

 

そもそも上部内視鏡とはどういった目的のものであるか?

簡単に言ってしまえば『胃カメラが進化したもの』と考えて頂いても良いのかと思います。

挿入管の先端に取り付けた小型カメラで胃内を撮影するものが胃カメラであり、内視鏡では映像をモニターに映し出すことができるレンズが挿入管の先端に取り付けられています。

胃カメラでは、カメラで撮影したものを後に現像した写真から胃内部の状態を確認する方法に対し、内視鏡ではリアルタイムに胃内の状況を確認出来るため、病変の有無を発見しやすくなっております。

よく『この間胃の検査で胃カメラを飲んで…』といったお話しを耳にされた事があるかと思いますが、1970年代後半には胃カメラから内視鏡への移行がほぼされており、現在医療機関で使われているのは内視鏡である為、胃カメラという名称の名残からきている表現かと思います。

 

現在、日本人の死因第1位『がん』、このがんの中でも特に多いのが『肺がん、胃がん、大腸がん』となります。

上部内視鏡検査は胃がんを発見するに適した検査です。

一昔前では『不治の病』と言われていたがんですが、現在では検査・治療技術の進歩によって、死亡率は低下してきております。そこには技術の向上による早期発見からの早期治療を行う事が可能になってきた事が理由の一つとして挙げられるかと思います。

また、胃がんの発症には『ピロリ菌』と呼ばれる細菌が大きく関わっていると言われています。ピロリ菌を保有しているだけで必ず病気や胃がんになるわけではありませんが、何かのきっかけで胃が弱った時、胃の粘膜に対して悪影響を及ぼします。

その結果、『慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍』を誘発したり、胃MALTリンパ腫といった病気にかかりやすくなってしまいます。この『ピロリ菌』を保有しているかどうかを上部内視鏡検査で発見する事が可能です。検査で発見された場合は除菌治療を行う事で解消する事ができます。

 

 胃がんは50~60代での発症が多く40代からリスクが高まります。早期発見が早期治療による完治へと繋がる為、40歳を過ぎたら年1回程度を目安に定期的な検査をお勧めいたします。

 


内視鏡 新機材導入

スタッフブログをご覧の皆さんこんにちは。

当院では、内視鏡検査に新機材を導入するにあたって昨日よりデモ機が搬入されました。


オリンパス社の内視鏡システムです!

メーカの担当者から説明を聞く、有里院長と片山副院長。

新機材導入の検討を行う事になったのには、消化器内科を担当する片山副院長の医療方針によるところがあります。

患者さんの事を一番に考え、出来るだけ負担の少ない医療を届けたい。機材の性能が上がる事で、患部の早期発見、検査時間の短縮などにより患者さんの負担が軽減される事を見越しての事です。

 

機材の導入に伴い、検査日の変更等も検討しております。詳細は今後もブログで掲載させていただきます。

 


新しいベッドが入ります(その3)

スタッフブログをご覧の皆さんこんにちは。

先日のベッド紹介に続いて、今回はマットレスの紹介です。

当院では、この度のベッド導入に併せて2種類のマットレスを導入しました。

 

そもそも病院で使用するマットレスとはどういったものなのか?

最近では一般的に市販されているマットレスも低反発や高反発のものなど、多種多様なものが出ています。

腰痛改善に効果があるものや寝心地の良さを追求したものなど、こだわっている方も多いかと思います。

ではそんな一般的にご自宅で使うマットレスと病院の物では何が違うのか?

いまいちピンとこない方も多いかと思いますので、実際に病院ではどのようなマットレスを使用しているのか、今回導入した二種類を紹介いたします。

 

スタッフブログ「新しい電動ベッド(その3)」写真1
スタッフブログ「新しい電動ベッド(その3)」写真2

一見違いが分からないかもしれませんが、

写真一枚目(左側)が「体圧分散マットレス」

写真二枚目(右側)が「エアマットレス」(体重設定をすると圧を自動で調整してくれる高性能)

 

これら「体圧分散マットレス」と「エアマットレス」の両方に共通しているのが「褥瘡(床ずれ)」予防を目的としているところです。

ここが一般的のご家庭で使用されている寝心地を追求したマットレスとの大きな違いになります。

 

入院される患者様の中には

・自分では身体を動かせない方

・皮膚の弱い方

・身体の関節が硬くなっている方  

など、様々な身体状況の方がいらっしゃいます。

当院ではそれぞれの身体の状態に併せたマットレスの選択を行い、患者様の身体的な負担を軽減し快適に過ごして頂けるよう1人1人に合ったマットレスを選択しております。

 

上記のような身体状況の方を在宅で介護される場合、介護者の介護量というのはとても大きなものになります。

中でも介護者が特に注意をしないといけないのが「褥瘡(床ずれ)」の発生です。

褥瘡(床ずれ)についての詳しい説明はここでは省略しますが、この褥瘡発生を防げるかどうかは医療福祉の施設、在宅で介護を受ける方や介護をしている方にとってとても重要となります。

「身体を自分で動かせない → 褥瘡(床ずれ)が出来る → 褥瘡(床ずれ)悪化、治癒に時間がかかる」

先の電動ベッド紹介投稿の内容と同じく、人は何らかの原因によって自分で身体を動かせなくなると、褥瘡など色々な悪循環に陥ってしまうのです。

※褥瘡についての説明は、後日コラムにてご説明を予定しております。リンク:コラム「褥瘡について」

 

介護者にとって、時間毎で頻回に体位交換(身体の位置を変え圧の集中を防ぐ)をする事は容易な事ではありません。その中で常に褥瘡発生に注意をしなくてはいけないとなると介護者にとっての身体的・精神的な負担は更に大きいものになるでしょう。

このように個々の身体状況に適したマットレスを選択することで褥瘡発生のリスクを最小限に抑えることが出来ると在宅介護を行う介護者にとっても大きな負担軽減に繋がることでしょう。

現在、在宅介護を受けている方や介護をされている皆様、今後検討している皆様。

是非参考にしてみてください。

 


ドラマ上映会終了

スタッフブログをご覧の皆さんこんにちは。

 

先日の17日木曜日、以前からご紹介をしていたドラマ上映会を開催致しました。

 

当日、上映スタッフは13時から会場入り、上映テストや、音声テスト、進行手順の確認等ギリギリまでリハーサルを行い、予定の18時を少し過ぎての開場となりました。

その後はスムーズに進行し、上映終了後は出演者・関係者による舞台挨拶と演奏会。

演奏会の終盤には、作品に出演頂いた一般の方にもステージへ上がって頂き、大団円での締めを迎える事が出来ました。

 

平日の夜にも関わらず、180名を超える来場者となった事を非常にありがたく感じているとともに、会場で配布したアンケートへ非常に多くの回答が寄せられた事をとてもうれしく感じております。

 

スタッフブログ「ドラマ上映会終了」会場写真1

 

アンケートの中には『上映を見て感動しました!(網走の魅力)再発見しました!上映を見て良かったです!』といった内容も寄せられました。制作者の一員として非常にうれしく、ありがたいお声を頂けたと心強く感じております。

 

スタッフブログ「ドラマ上映会終了」会場写真2

 

この作品をご覧いただいての感想、感じ方は様々かと思いますし、何を感じるかの視点はそれぞれ違うと思うのでそれでよいかと思っております。必要なのは、何か行動していく事。そしてそれを継続的に行う事。だと考えております。

 

撮影から当日の上映会を含めてご協力いただいた市民の皆様、撮影を快くご承諾いただいた施設の皆様、病院スタッフ、そして、今回は上映会の為だけにお越し頂いた主演の高山かなさん、音楽監督のメカ・エルビスさん、監督の土手秀悦さん。

全ての皆様に感謝の言葉を述べさせて頂きます。

 

本当にありがとうございました。

 

この作品は今回の上映会だけに限らず、他にも活用をしたいと考えております。

ブログを通じてまたそちらのご報告が行える事を楽しみにしております。

 


新しいベッドが入ります(その2)

スタッフブログをご覧の皆様こんにちは。

以前のご紹介から期間が開いてしまいましたが、新たに導入した電動ベッド。8月末の導入直後より早速活躍しています。

 

以前は手動だったベッドや背もたれの上げ下げが電動になった事でスタッフの負担が減り、患者様からも苦痛や振動などによる不快感が減ったと喜びの声が聞こえてきております。

そこで、本日は前回お伝えしたように、電動ベッドを利用する患者様にとってどのようなメリットがあるのかをご紹介したいと思います。

 

まず、電動ベッドはどのような方にとって活躍するのでしょうか…?

 

人の身体は常に重力を受け、重力に抗して身体を支え、起きたり座ったりする事が出来ています。

筋力や体力が衰えてしまった方、または身体が不自由で思うように身体を動かす事が出来ない方にとっては、徐々に重力に逆らう事が難しくなり、次第に起き上がる事や座っている事が辛く難しくなってしまいます。

 

そんな時に電動ベッドがあると…

新しい電動ベッドが入ります(写真1)

リモコン操作一つで、「座っている姿勢」「起き上がり姿勢」を簡単に取る事が出来ます。

患者様の身体の状態に合わせて少しずつ身体を慣らしていき、落ちた体力や筋力のアップを図る事ができます。

従来のベッドでは背と足の片方ずつしか上げることが出来ず、それだとどうしても身体の位置がズレてしまうなどの問題がありました。

今回導入のベッドは、その問題を解消する機能付き!

ボタン一つで、背と足が同時に動き身体のズレが生じないように自動で動いてくれます。

(こればっかりは体験をしないと分からないかもしれません…)

新しい電動ベッドが入ります(写真2)
新しい電動ベッドが入ります(写真3)
新しい電動ベッドが入ります(写真4)

ちなみに、ある程度起きたり座ったりと自分で動ける方にとっては「楽」をしてしまうので逆効果になってしまいます。

 

現在自宅で介護をされている方や介護を受けている方、今後検討されている方などたくさんいらっしゃるかと思います。

在宅で介護を受けながら生活を送る為、在宅介護を行う介護者の為に作られた福祉用具などもとても充実してきております。電動ベッドもその一つとしての役目を担ってくる事でしょう。

どのような物が自分に適しているのか?そこの判断は中々難しい部分があると思います。

高価な物であるため導入を慎重に検討しなければいけない事柄ですし、それぞれの症状や状態に合わせての選択が大切になりますので、ご不安をお持ちの方は当院にも遠慮なくご相談下さい。

 

さて、次回はベッドと同時に導入をしたマットレスについても触れ、使用する患者様はもちろん介護者にとっても参考になる内容をご紹介出きればと思います。

 

なお、【利用するスタッフにとってのメリット】は以前の投稿「新しい電動ベッドが入ります(その1)」でご紹介しているので興味のある方や、まだご覧になっていない方は是非そちらも併せてご覧ください。

 


ドラマ上映会のお知らせ

スタッフブログをご覧の皆さんこんにちは。

これまでも何度かブログで報告をしてまいりましたが、制作中のドラマが完成を迎え、網走市での完成上映会を開催する事となりました。

 

■開催要項

日 時 平成28年11月17日(木)

時 間 会場 18:00 開演18:30 閉演21:00(休憩時間含む)

会 場 エコーセンター2000内エコーホール

入場券 大人300円 (高校生以下無料)

(チケット販売 (株)セントラルメデカルサービス 0152-67-4646)

「N43° 59′ 37″ E144° 17′ 47″ ここで暮らす?」ドラマ上映会のお知らせ
『N43° 59′ 37″E144° 17′ 47″ ここで暮らす?』ドラマ上映会のお知らせ(画像クリックで拡大表示)

映像で見る網走はやはり綺麗で魅力的な土地であると再認識致しました。

 

企画・プロデュースを行った駒井さんは札幌出身で網走在住は約10年になります。

同じ道内とはいえ、札幌と網走では人口はもちろん、自然や風土にも色々な違いがあります。他の土地を知っているからこそ比較ができ、網走の良さ、問題点の双方が見えていらっしゃると思います。脚本・監督の土手さんとも駒井さんからの繋がりで何度も網走へ足を運んでもらい、網走を知ったうえでの見えてきた意見を頂きました。

外部から見てみると内からとは違った見え方がしてくるものでしょう。その意見に先ずは耳を傾け、そしてそれを取り入れていく。内部だけ知っていてもそこから見える事というのはそう多くない物でしょうから、他の意見を受け入れる。そんな土壌が必要ですよね。

このドラマでもそのように企画者・脚本家の意見交換から内容の発展へ繋がり、完成に至るまで内外の色々な発想が込められた作品の仕上がりへと繋がったと思います。

 

主演の『高山かな』さんや、音楽監督の『村山竜二』さんのお二人も東京在住の方です。

仕事を通じて出会った方々ですが、撮影以外の時間にも一緒に食事をしたり、お酒を飲んだり、温泉に浸かったりと、そこでも色々なお話を聞くことが出来ました。

私たち網走市民では当たり前になっている日常の生活やそこから見える風景、環境…そんな事が東京の方にとっては新鮮で、私たちには近すぎて感じなくなっている事柄。実は案外そんな普通のものが『宝物』であったりするのではないかと感じる事が出来ました。

そして、そんな話しのできる関係性をきずくことができ、網走を好きになって頂けたかとも感じています。

 

ドラマでは主人公が東京から網走に移住してきます。それも医療関係の人手不足解消の方法であるかと考えています。そこには移住者側だけではなく受け入れる側。街と人が受け入れられる体制も整っていなければなりません。その地にもともとある考えと、新たに入ってくる意見の受け入れ、すり合わせといった所ですね。

 

少子高齢化は、もう日本全体が迎える現象でありこの流れを止めるというのは非常に難しい事だと思います。しかしその現象をただ眺めているだけでは状況が改善される事がなく、少しでも早い段階からそこに取り組む事が大切なのだと思います。

取組は小さな事からで構わないと思います。形も色々とあるでしょう。その姿勢や思いが安易に必ず結果に繋がるとは言えませんが、そこがなくしては何かが始まるという事はないのだと思います。

ドラマ制作を通じ携わる事でそれまでに比べよりその問題に向き合い、自分なりに調べ、網走が好きな一市民として今までには持っていなかった危機感を感じたのが正直なところです。

 

28年9月末現在で網走市民は37,000人を切りました。

 


インフルエンザワクチンの接種について(本年度の接種は終了しました)

本年のインフルエンザワクチン接種についてのご案内となります。

(本年度の接種は終了しました)

 

■接種期間■

平成28年10月12日(水)~平成28年12月30日(金)まで

※当初11月1日から接種開始予定でしたが、網走でも感染者が出たため早まりました。

 

■接種料金■

・65歳以上の市民:1,000円

・中学生以下の市民:網走市の全額助成につき無料

・上記以外の方:3,780円

※60~64歳の方でも条件により助成金の対象となる場合がございます。詳しくは網走市ホームページにてご確認下さい。

 

期間終了日の12月30日までの接種がむずかしい方については、予約者に限り年明けの接種も可能です。

予約分以外はワクチンの在庫を致しませんので、ご希望の方は必ず事前にご予約をお願い致します。

ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。

 


網走での趣味(釣り)

ブログをご覧の皆さんこんにちは。

網走での趣味(釣り)写真1(釣れた鮭)

皆さん、この魚がなにかお分かりですよね!そう、この時期が旬の『サケ』です。

本日は網走でも人気の高い趣味『釣り』をご紹介。その中で今回は今時期が最盛期であろう『サケ釣り』にスポットを当ててみたいと思います。

網走の趣味(釣り)写真2(網走の海岸1)

網走市内、海岸線沿いでの風景です。釣り竿の多さがお分かり頂けるでしょうか?

写真では少々分かりづらいかもしれませんが、ずーっと奥の方まで竿が並んでいます!

 

もう少し寄ってみるとこんな感じ。

網走の趣味(釣り)写真3(網走の海岸2)

ところ狭しといった感じで竿がたくさん並んでおります。

この写真、特になんてことのない平日の風景なのです。時間は少々はやい時間ではありますが、ほんの少し早起きをすればみられる光景であります。日常の出勤日だとしても(笑)

 

北海道と言えば豊富な海産物!と連想されるグルメな方も少なくないと思います。

網走もオホーツク海に面し、サケ以外にもカニ・ホタテといった様々な海産物が獲れます。

こうやって文章にしている間にもよだれが出てくる…地元の人間にとっても、ついつい笑みがこぼれる食材がいっぱいです。

 

場所を変えての釣り風景

網走の趣味(釣り)写真4(海中)

海の上に立っている様にも見えますが、胴付きを着て海の比較的浅い場所を選んでこの場所まで行っています。胴付きとは、防水のオーバーオールみたいなものですね。テレビの市場の風景なので、よく漁師さんが着ている場面が見られます。

網走の趣味(釣り)写真5(海中2)

ゆったりとした時間が流れます…ある意味この時間も醍醐味と言えるもので、雄大な自然の中で自分ひとりの時間を過ごす事ができ、ゆっくりと考え事も出来たりします。

 

そんな事を考えていたら…

網走の趣味(釣り)写真6(海中3)

ヒットしました!シャッターチャンス逃しました!(笑)

同行者にタモ(網)ですくってもらい、無事にゲットです。

網走の趣味(釣り)写真7(釣れた鮭)

皆さん、サケは川で生まれ育ち、その後海で回遊をしながら成熟をし、繁殖期になると生まれ故郷の川へ戻ってくるという生態だとご存知でしたか?

『母川回帰』と呼ばれる習性で、この時の『遡上』様子を撮影した映像がよく見られますよね。この『母川回帰』のメカニズム。嗅覚を頼りにしている、磁場を感知している、視覚によるもの等々…いくつか有力視されている説はあれども、これといった定説がない様なのです。不思議ですよね~。

メカニズムが謎だとは言え、鮭が生まれ育った土地へ帰る者がいる事は事実であります。就職や進学で生まれ育ったこの地を離れる事になっても、また帰ってきたくなる。網走でもそんな土壌を育てていけたらいいなと、鮭の姿から思うところであります。

網走の趣味(釣り)写真8(朝焼けのオホーツク海)

最後の一枚は、この日朝焼けの中で取れた美しい風景写真を。

自然相手の趣味なので天候に左右されることはもちろん多いのですが、自然が相手だからこそ出会えた素敵な場面でした。


ドラマ制作その3〜撮影完了!〜

スタッフブログをご覧の皆さまこんにちは^^

以前からこちらのブログでもご紹介しておりますドラマ制作。この度、季節は秋の撮影が行われました。

お話しの内容は、ついに主人公が移住を決意し網走へやってくる。その中で、自然とふれ合い、人とふれ合いながら充実した日々を送る。という内容です。

今回の撮影では、この時期だからこそ網走で出来るシーンを撮影しました。

鮭釣りです!

ロケは、早朝5時。自然との勝負。

ドラマ撮影 秋編ロケ風景(1)

撮影日当日。天気は?風は?波の高さは?

それより、そもそも魚がいるのか!?

 

実際には、なんとか予定していた期間で鮭を釣ることができ、台本通りのシーンを撮影することができました。

ドラマ撮影 秋編ロケ風景(2)

 

そして、移住してきた主人公の勤務先でのシーン。

 

ドラマ撮影 秋編ロケ風景(3)院内
ドラマ撮影 秋編ロケ風景(4)

先生を始め、出演している病院スタッフは今回も当院のスタッフなんですよ^^*

自然でとっても上手なお芝居でした!

 

主演の『高山 かな』さん。東京都のご出身で、声優として芸能活動をスタートされたようです。その後、女優としての活動もスタート。キマグレンのPV「LIFE」に主演として出演されていらっしゃいます。その後は声優・女優・舞台など幅広い活動を続けられております。

 

この一連の撮影で一緒にお仕事をさせて頂くことになりましたが、非常に強く感じたのは『より良い作品にしよう』という熱意!撮影中の色々な事に興味をもち、疑問を投げかけ、アイデアを発案。単にその場で求められた事だけではなく、私たちの想いをくみ取ってそれを表現する為にはどうしたら良いか?という姿勢が非常に感じられました。

そして、きっかけは仕事からではありながらも網走の事を気に入って頂けたことも、非常にうれしく思います♪

 

 

この撮影も、今年3月からスタートし冬の撮影、春の撮影、秋の撮影と四季折々の景色の中で撮影して参りました。

ひとつの目的に向かい、異業種の方々が集まり一つの事を成し遂げていく。その中でお互いが刺激をしあいながら、中身のこい想いのつまったものを創り上げる…非常に貴重な体験をする事が出来ました。

このドラマ制作、網走の方からは『病院が何でドラマ作っているの!?』『何のために!?』といった声が多々聞こえてきました。そこにはきっと、皆さんの興味と関心の高さが表れているのかと思います。

 

網走の問題点についても、恐らく自分の身の回りで具体的な事が起こらないと実感するのはむずかしい事かと思います。しかし、こうして自分たちに出来る取り組みの中で、周りの人に少しずつそれぞれが感じている問題を知ってもらう。そういった動きが様々な所で起こる事で、多くの人が問題に向かって考えるといった姿勢に繋がっていく事でしょう。

 

 

今回の撮影で一通りのシーンを撮り終わりました。完成がとても待ち遠しいです!

公開の際は、またこちらのホームページにてご案内致します^^


「くらしフェア2016」に出展しました

スタッフブログをご覧の皆様こんにちは。

10月1日(土)・2日(日)の2日間「くらしフェア2016」が網走市総合体育館で開催され、当院でも10月1日・2日の二日間のブース出展。10月2日にはステージイベント出展を行いました。

 

会場では、市内企業の展示が行われ子供達を対象とした職業体験から、住宅関係の展示まで幅広い展示がありました。職業体験コーナーが特に賑わっていたのがとても印象的です。

出展していた建築業者さんのブース仕上がりの見事さにびっくり!そちらを見た後に私たちのブースを比べると、寂しげでもありました(笑

それでも当院の医師相談コーナーでは、病院での診療時だけでは中々聞くことが出来ない相談事をされる方もいらっしゃり、ご好評を頂けた様子でした!

暮らしフェア2016 医師相談コーナー

 

運動機器体験コーナーにも子供達がたくさん遊びに来てくれ、みんな運動機器に興味深々!

くらしフェア2016 運動機器体験コーナー

 

これから迎える介護保険制度の変化などを見据え、なぜ「運動と栄養」が大切なのか…

ご提供頂いていたサンプル品の配布などと併せてご紹介。

(株式会社明治様よりメイバランスMiniカップ)

(株式会社クリニコ様よりリハたいむゼリー)

 

枕とマットレスの体験では、パラマウンドベッド様よりご提供頂き、皆様にご体験頂く事ができました。

くらしフェア2016 枕とマットレスの体験

 

そして10月2日(日)のステージイベントでは「網走の魅力発見トークショーと題し、制作中ドラマの予告動画上映から始まり、制作にまつわるトークショーを午前、午後に2回開催しました。    

くらしフェア2016「網走の魅力発見トークショー」

トークゲストには制作関係者が出演。

・脚本・監督      株式会社シュークリース 土手秀悦さん

・主演女優       高山かなさん

・作曲・音楽監督    村山竜二さん ※ステージ上にはメカエルビスの姿でご出演頂いております

・企画・プロデュース  株式会社セントラルメディカルサービスの駒井憲一さん

(写真右側より)

 

ドラマ企画の意図から網走の魅力などの幅広い内容でトークが交わされ、司会を務めた私としても普段、我々が感じている当たり前の事も外の人にとってはとても新鮮で感動を与える要素であるのだなと、色々な新しい発見がありました。

網走の魅力を発信していくのと同時に、外からの人を迎え入れる考えや気持ちを中の人1人1人が感じていく事が大事である事を改めて感じました。

 

トーク終了後にはサイバーニュウニュウのギタリスト、メカエルビスさんによるスペシャルライブも開催。

網走をイメージしてお作り頂いた「網走においでよ!」も演奏頂き、心に響く演奏を届けてくださいました。

くらしフェア2016 メカエルビスのスペシャルライブ

初の出展、初の試みでどれだけの来場者が来て頂けるのか少々の不安もありましたが、

イベントを終え、より多くの市民がこのようなイベントに足を運ぶ事で、より多くの新たな気づきや発想に繋がるのではないかと感じ、網走市民全体の活性化がまだまだ必要とも強く感じました。

そんな中、会場に足を運んで下った方へ改めてお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

この出展を通じ、網走の街や市民の皆様に向けて私達に出来る事、まだまだ伝えていきたい事など、新たな課題への気づきとなるよい機会となりました。

 

最後になりましたが、当院の出展に際しご協力頂いた各企業をご紹介いたします。

・運動機器提供 株式会社北欧スポーツ様

・サンプル品提供 株式会社明治様、株式会社クリニコ様

・マットレス・枕提供 パラマウントベッド株式会社様

 

そして、今回出展機会を頂きました網走商工会議所様に心より感謝申し上げます。


ドラマ制作その2〜働き方のカタチ〜

スタッフブログをご覧の皆さま こんにちは^^

 

今回も引続きドラマ制作の様子をご紹介します。前回の冬に続いて今回は春ごろの撮影風景から!

 

冒頭のシーン、主人公の通勤風景の撮影です。

ドラマ撮影(春編)写真1 新宿〜通勤風景

舞台となる網走での撮影が主ではありますが、主人公親子が暮らす東京でも撮影を行いました。

主人公の当たり前の風景と当たり前の日常。

 

ドラマ撮影(春編)写真2 新宿西口の街並み

当然ですが、網走とは街並みも風景も全くの別物です。

 

主人公の当たり前の日常風景の中、それとなく抱えている心情から溢れ出た言葉。その日常へふと舞い込んできた旅行という非日常。

そんな非日常で接した様々な出会い、風景、出来事を通じて主人公親子が、このような世界もあるんだ…という事を体感していきます。

 

ドラマ撮影(春編)写真3 主演の高山さんと土手監督

こちらは東京での生活シーンの撮影。映っているのは主演の高山さんと本作品の土手監督です。

主演の高山さんとは本作品が初めて一緒に行うお仕事ですが、土手さんとは以前にもお仕事をご一緒させて頂いた事があります。

 

土手さんは『株式会社シュークリース』の代表取締役として映像関係のお仕事をされていらっしゃいます。

コラム内の『好きだわ網走!』でご紹介しておりますが、2013年に病院の中庭でライブコンサートを開催した際にもプロデュースを頂いたのが土手さんであります。(コンサート動画の冒頭にもちょっぴり登場されています)

普段は1枚目の写真のように非常ににこやかな方ですが、撮影が始まるとこの表情

 

撮影現場もピリッ!とします。

 

その時のご縁から、作曲家でありギタリストの村山 竜二さんにも本作品の音楽へ携わって頂いております。

 

さらには同コラムの『Abashiri 遊んで 観・食!』も土手監督による作品です。

札幌に拠点を置く会社ではありますが、過去に何度も網走へいらしており、私たちとの対話も通じて網走の色々な部分をご覧になられています。

そんな土手さんだからこそ見える視点、見える網走があり、そこを今作品からも伝えたい!という熱い思いが現場にも反映されているのかと思います。

 

人がそれぞれ悩みを抱えるように、地方都市、大都市、それぞれ抱えている問題、悩みといった物は様々でしょう。

例えば東京の方は、通勤時間にどれぐらいの時間をかけているでしょうか。

網走では、住んでいる地区と職場のある地区にもよりますが、公共交通機関を使ってもおおよそ20分~30分程、自家用車であれば10分~20分程です。逆を言えば、網走では自家用車がなければ移動が大変といった見方もあります。

それが、網走での当たり前の日常。

都会の時間の流れ方、田舎の時間の流れ方、中身の違いはあれど時間は誰にも平等です。

ドラマの中で『どこで生きるかではなく、どうやって生きるのかだね。』というセリフがあります。

皆さんは、どこでその時間を過ごしますか?

 

この撮影では、働き方のカタチといった物を提示できたかと思います。

もちろんそれは一つだけではなく無数に広がるものです。たまたま私たちが医療業界の関係者であったため、その視点からの撮影となっております。

働き方も含め日々の生活のカタチはどのような物があるのか。そんな事も考えながらご覧頂ける作品に仕上げていけたらとも思います。

 

 

さて、ここで皆様にお知らせがあります。

10月1日(土)・2日(日)に網走商工会議所主催による『くらしフェア2016』へ、当院からも出展を行う事となりました!

『健康、安全、環境、福祉、住宅などをテーマとして安心して快適に暮らすための“潜在する心の豊かさのニーズに応える”』が開催の目的となります。

当院の出展内容は以下の通りです。

 

会場:網走市総合体育館

日時:平成28年10月1日(土)~2日(日) 10:00~16:00

 

○ブース出展

・片山副院長による医療相談(10月1日のみ)

・マットレス、枕の体験ブース

・スポーツ機器体験ブース

 

○ステージイベント出展

・ドラマ制作にご協力頂いた出演者、制作会社等、関係者によるトークイベント

10月2日 1部 11:00~12:00 ・ 2部14:00~15:00

 

ステージでは作品の一部を上映する予定ですので、ぜひお越しください!

 


ドラマ制作その1~人口問題への取り組み~

スタッフブログをご覧の皆さま こんにちは^^

 

網走では秋の気配を感じる今日この頃です。これからの季節は、寒暖差による体調変化に注意しなければなりませんね。汗をかいたらこまめに拭いたり、衣類で調整しながら風邪予防をしていきましょう!

 

さて、唐突ですが現在、私たちは『ドラマ制作』を行っております。

私たちが暮らすこの網走においても人口減少問題は現実的な問題となっております。また、それに連鎖するよう『働き手』の確保においても厳しい状況を迎えております。

このまま手をこまねいているだけで良いのだろうか…このままでは網走はどうなってしまうのだろう…そんな想いを抱き、それじゃあ自分達でも何かしよう!との想いを抱えたメンバーが集まってこの行動に繋がりました。

 

東京で忙しく働いているシングルマザーの看護師が、ひょんな事をきっかけに網走へ旅行に来ることとなった…そんな場面からストーリーは展開していきます。

公開に先立ち、撮影の様子を一部ご紹介します^^*

 

撮影のスタートは、今年3月。真冬の網走を紹介するべく市内数か所で撮影。外での撮影は寒かったですが、お天気に恵まれ順調に進行することができました。

こちらは網走湖での撮影の様子。

 

地元の人々がワカサギ釣りをしているところへ、主人公親子がやってくるシーン    

映画撮影 ①網走湖 ワカサギ釣りをしているところへ主人公親子が近づく

釣りシーンを撮影するための準備として念のため、釣れなかったとき用のワカサギを確保!! 釣れた!釣れた~!と、普通に釣りを楽しんでいました^^

網走湖の会場では釣り竿を含め道具一式のレンタル(有料)があるので、フラリと立ち寄った方も気軽に釣りを楽しむ事が出来ます。ちょっと気になるんだよね~…という方もシーズンが始まりましたらお気軽に遊びに来て下さいね^^v

 

続いて、撮影を行ったもうひとつの網走の観光スポット 能取岬。

流氷は、その日の風向きによって接岸したり沖に行って遠くにしか見えなかったりと、毎日いろいろな表情を見せてくれます。この日は風も穏やかで、何より流氷の接岸具合がバッチリ!空の青に海の青、そして流氷の白と、とてもきれいな景色でした。

 

それでもさすがに岬だけあって風が強くお天気が良くてもとにかく寒い!この日の最高気温はマイナス1度でしたが、太陽が出ていてもとにかく体感的に寒い!!

地元人ですらガタガタ震えるなか東京から来られている女優さんは、一言も弱音を吐くことなく最後までびしっと演じていて、プロの意識を感じました。

ちなみに、ホームページトップの動画、流氷の動画もこの時に撮影したものなんですよ♪

ドローンも飛ばしました!

子供のころから何度も来た事がある場所ですがドローンで撮影した景気はとても美しく、

胸が熱くなり、網走ってこんなに素敵な場所だったんだ…と、しみじみと感じました。

撮影中のモニターに映る映像を何度『キレイ!』と連呼した事でしょうか(笑)

 

地元の魅力ってわかっているようで案外目に入っていないものですね。

 

撮影に同行し、網走湖のワカサギ釣りの楽しさや能取岬の絶景など、触れる事で改めて『網走の魅力』に気付かされました。

そして、私たちの想いにご賛同を頂いたメンバー…主演の『高山かな』さんをはじめとした出演者の皆様や制作会社のスタッフさん、様々な人との関わりから『人の温かみ』という物を感じ、普段の何気ない日常においてもその温かみに支えられている事を再認識する事が出来ました。

 

初回のご紹介としてはこの辺りまで…今回は冬編をお送りしましたが、春、秋とこの後も撮影は続いております。

公開まで引き続きそちらの様子もご紹介していきます!


現代社会への警鐘

『高齢化社会』『少子化』『人口減少』

ブログをご覧の皆様も良く耳にされる言葉かと思います。これらは、現在の日本が直面しており、今後の社会の成り立ちにおいて危惧されている問題であります。

私たちが住んでいるこの網走においても同様の問題を抱えていると言えるでしょう。

 

網走市の人口を例に挙げて見ると、1990年時点で約44,400人。2000年時点では約43,400人、昨年の2015年時点で約39,700人となっております。ついに4万人を切る事態になり、この先の予想では2030年時点で約34,800人と3.5万人を割る予測になっております。

ただ、ここで考えなくてはならないのがこれは『人口減少』というだけの見方だと言う事です。冒頭で挙げた他の二点『高齢化社会』『少子化』も同時に考えなくてはなりません。

 

大まかなくくりですが、日本では15歳で義務教育を終え労働基準法でいうところの就労が認められます。その後各企業や職種によっても違いはありますが、おおよそ65歳で定年を迎えるかと思います。『労働力』と呼ばれる世代ですね。

当然人口減少が進むわけですから、単純にこの世代も減少をたどります。逆に65歳以上の『高齢者』と呼ばれる世代は増加をしていきます。

ここに注目し網走市においてはどのような数値となるのか。以下の通りです。

  1990年 2000年 2015年 2030年予測

 労働力世代(人)

15〜64歳

30,945 29,859 24,424 20,038

高齢者世代(人)

65歳以上

4,159 5,865 7,444 6,882

対比(%)

88:12 84:16 77:23 74:26

※網走市統計調査より

このような数値となります。実際には労働力世代においてもそれぞれの事情で就労していなかったり、65歳以上でも現役で働いている方もいらっしゃるのでこの数値が全てではありませんが、動態を掴むには十分かと思われます。

高齢者の増加は、医療分野の発展や個人レベルでの健康志向の高まりによる所も大きく、それ自体が悪い事ではないかと思います。

一方、労働世代が減る事。それは商業の衰退や税収の低下を招き、都市の成り立ちを脅かす事に繋がりマイナスイメージしか感じられません。

 

これらの問題に対し私たち自身は本当に向き合っているでしょうか?私たちはどこか他人事と捉えてはいないでしょうか。そして、これらの問題により身近な所でどのような事が現実的に引き起こされるのか。そこに対し一人ひとりが真剣に考え、行動する必要性があるのではないかと感じます。


新ホームページ スタッフ集合動画撮影裏話

スタッフブログをご覧の皆さま こんにちは^^

 

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、まだまだ残暑が続く地域にお住まいの皆さま、残暑見舞い申し上げます。

網走でも、お盆を過ぎてから日中気温26度~28度の気温で夏らしい日々を過ごしております。

まだまだ体調管理に気をつけてお過ごしください。

 

さて、7月からリニューアルしました当院のホームページ。

トップ画面の、スタッフ集合動画をご覧になっていただけましたでしょうか?

今回、その集合動画の撮影裏話をちょっとだけご紹介します♪

 

医師、看護師、看護補助者、コメディカル、事務、ケアマネや託児所スタッフ…と、

全員ではありませんが、勤務の合間をぬって集合し撮影に挑みました。

撮影している場所どこだと思いますか?

実は、病院の敷地内なんですよ^m^

網走中央病院屋上

今回撮影した場所は 屋上 です!

撮影イメージとして、木々の青々とした緑とすっきりと晴れた青空、その中で笑顔のみんながいて…というイメージの中で、撮影当日は、お天気にも恵まれ青空バックに撮影することが出来ました!私自身、雨女なのでお天気が心配でしたが…

ホント、日頃の行いって大切ですねぇ…(笑)

おそらく、スーパー晴れ男・晴れ女がいたのかもしれません^^v

網走中央病院屋上2

撮影前は、どうすればいいアングルで撮影できるか?等考えながら椅子を並べてみて…イメージして…

 

動画撮影風景1

実際に、スタッフにも並んでもらって…

 

動画撮影風景2

そして、撮影開始!!

 

準備の際、

私「この辺に並んでくださーい!」

みんな「はいはーい」

私「こういう風にしたいんです!」

みんな「こうする!? じゃぁ、こんな感じだね!」

と、みなさんテキパキ!制作会社スタッフの方の細かい指示にもテキパキテキパキ!!

最初は、表情硬くみんな直立不動でしたが、見かねた管理部長が「笑って、笑って~」と

場を和ましてくださり、みんなのいつもの表情が出せたかと思います^^

 

お昼休みの限られた時間内で、一人一人の行動・みんなの協力の元、集合から撮影終了まで約15分程で完了し、無事撮影を終了することができました!

 

トップの動画全部ご覧になってない方は、ぜひ最後まで見てみてくださいね^^b


網走川(その魅力とイルミネーション!)

スタッフブログをご覧の皆さま こんにちは^^

北海道の各地でも30度以上の猛暑日が続き、すっかり夏になりました。

網走では、7月中に最高気温13度~19度の日が12日間もあり、7月中旬から下旬にかけて最高気温21~23度程度でとても涼しく過ごしておりました。

前年の同月は、最高気温20度以下の日は6日程しかなく、24度~28度と夏らしい日々を過ごしていたため、今年の7月は楽だな~…と思っていたら、7月最終週から8月に入り26度以上の気温が続き、身体がついていくのがやっとです^^;

皆さまも、熱中症対策など体調管理に気をつけて夏を乗り切りましょう!

コラムでも、必要栄養素を取るための簡単なレシピもご紹介しておりますので、そちらも合わせてご覧ください☆

コラム「栄養科発健康レシピ」はこちら

 

さて、網走は自然豊かな街で、海があり、山があり、川もあり、湖もあります。

そんな、自然豊富な網走といえば、オホーツク海!海鮮!!というイメージの方も多いのではないでしょうか?

そんな網走、他の魅力もご紹介します^^*

 

皆さま、網走川をご存知ですか? 網走の特産、ワカサギやシジミもこの網走川が関係しています。網走川源流は阿寒山系の阿幌岳から発し、津別町、美幌町、大空町女満別を流れ、網走湖に流入し網走市街を流れオホーツク海に流れる川です。

(網走湖のワカサギ釣り、今度別の機会にご紹介しますね!)    

 

右の写真の真ん中のあたりが、網走刑務所。上空からの写真です。

川と山に挟まれた脱獄しにくい立地ということですね。

この道東が開拓されていったのも、網走川を使って、人や物資を運び開拓していったという歴史もある川なんですよ^^

網走川河口付近空撮写真
網走川河口付近空撮写真

そして、そんな網走川ここ数年河口付近で開催されているのが『網走サマーイルミネーション』 

今年で5回目です。

http://contactabashiri.wix.com/illuminationtop    

年々、手が込んできてとってもきれいです! 普段、夜は人気のない所ですが開催期間中は点灯時間の間、家族連れやカップル、友達同士ととても賑やかです。

会場となっているエコーセンターでは、イルミネーションを見ながらジンギスカンも食べられます!

食べ飲み放題!!ジンカンパーティ!!!

http://abablog.jp/event/19466

8月20日まで開催しておりますので、ぜひ会場まで足をお運びください☆    


新しい電動ベッドが入ります(その1)

スタッフブログをご覧の皆様こんにちは。

当院ではこの度、8月に大幅なベッドの入替えを予定しており、新しい「電動ベッド」が導入されます。

先日、導入に向けて院内職員への「事前説明会」が行われました。

その様子がこちらです。    

患者様が苦痛なく離床を図る事や、より良い入院生活を送る事ができ、在宅復帰を目指す患者様やそれを支えるご家族にとっても大きな活躍を見せてくれることと思います。

 

そして、日々介護業務や看護業務に携わるスタッフの皆様にとっても、身体的・精神的負担が軽減されることでしょう。

新しい電動ベッドの機能を一部ご紹介致しますと、

実はベッドの上げ下げや患者様の移動(ベッド~車椅子へ移るなど)はかなりの労力を必要とするんですよ。

今まではベッドの上げ下げや背もたれを上げたり下げたりなど、クランクを回して手動で上げ下げをしていました。

体力的にはもちろん、当然患者様の安全に配慮して行うので精神的にもかなり集中力を使います。

電動ベッドでは、今まで大変だったベッドの上げ下げや、背もたれを上げたりなど、患者様が苦痛の無い姿勢をとる為の一作業がとても軽減されます。

そんな現場であることから「介護職=大変」というイメージをお持ちの方は多いかもしれません。

この仕事が好きで勤めたけれど、身体に不安を抱えて介護職を諦める方も少なくないかと思います。

介護業務における身体的負担などを完全に取り除くことはできないかもしれませんが、

そのように身体的不安を抱えて働く、介護・看護スタッフの皆さんにとってもより良い環境が整い、皆さんが心身共に安心して働ける環境に近づけばと思います。

そして、これから介護職を考えている方にとっても、初めて患者様に触れ、身体を動かす不安なども軽減され、より安心して働くことが出来るのではないかと思います。

 

今回はベッドの他にもマットレスや移乗用具の導入を同時に予定しております。

これらも電動ベッド同様に患者様にとってのメリットはもちろん、介護者の負担軽減を図れるものであります。

今回は介護者にとってのメリットを書かせて頂きました。

次回は患者様にとってどのようなメリットがあるのかをご紹介します。

 


有効求人倍率のナゾ

スタッフブログをご覧の皆さま こんにちは^^

 

7月10日 第24回参議院議員通常選挙でしたね。皆さま、投票には行かれましたでしょうか?今年から、投票権の年齢引下げにより18歳の国民も投票できるようになりました。

今回の投票率は、54.7%で、前回の参議院選挙より2.09ポイント上回ったようです。

18歳、19歳の方の投票権が影響したかはわかりませんが、投票率低いですよね^^;

 

さて、選挙数日前、テレビを見ていると安倍総理が選挙応援演説にて『北は北海道、南は沖縄47都道府県で有効求人倍率1.0倍を達成し、強く願えばできるのだ!』と喜ばしい事のように言っていたのを聞いて、ぼんやりと有効求人倍率1.0倍以上がそんなに良い事なのか?とふと思ってしまいました。

 

有効求人倍率とは:有効求職者数に対する有効求人数の比率のこと。1.0倍以上ということは仕事を探している人の数よりも求人の方が多いという事。(参考:Wikipedia)

 

労働市場の需要と供給の指標ですね。経済状況を表すひとつなんですが…

私は1.0倍がいい事とは思えないのです。

求職者が働こうと思えば働ける、雇用が増えるってとても大切な事だと思います。

でも、その中で働きたい職場、職種がなく仕事に就けない方もいると思います。

できる仕事と賃金が合わずに就けない方もいると思います。たくさんあるから、選び放題って訳ではありませんよね?また、事業者側もただ増員のために求人しているのであればいいのかもしれませんが、でも、必要だから求人しますよね?働いて欲しいのに働く人が来ない…。

1.0倍の中身は、それぞれ都道府県や市町村によって違うのかもしれませんが、有効求人倍率というその言葉で景気が良くなったとか悪くなったとか言えるのでしょうか?

そんなことを考えながら、雇用がマッチングする難しさを思う今日この頃でした。


ホームページをリニューアルしました

スタッフブログをご覧の皆さま こんにちは^^

 

ここ数日、ようやくお天気が続き夏らしい気候になってきた網走です。

北海道らしい清々しいお天気です!

 

さて、当院ホームページ訪問してくださっている皆さま、この度ホームページをリニューアル致しました!!

網走中央病院とは、どのような病院なのか、どのような取り組みをしているのかご紹介していけたらと思っております。

こちらのスタッフブログ以外にも、プチ情報発信できるようなコラムのコーナーもございますので、ホームページ訪問の際には合わせてご覧下さいね^^*

 

さぁ、北海道のいい季節がやってきました!夏休みの予定どうしようかな~…なんて

お考え中の皆さま、北海道はでっかいどう!!いいとこいっぱいあるどう!!!

車で5時間走っても、10時間走っても北海道内です!(笑)

これからの季節、各地でお祭りやイベント盛りだくさんですよ♪

(リンク:GoodDay北海道の7月イベント情報のページ)http://www.visit-hokkaido.jp/event/monthly/7?area=0

道東へお越しの方は、ぜひ網走にもお立ち寄りくださいね^m^

能取岬 灯台

トップページの動画にある流氷の景色は能取岬の春の様子です。数ヶ月して初夏にはこんな緑の景色になります。


おひなさま

スタッフブログをご覧の皆さま こんにちは^^

 

今日は、桃の節句。おひなさまですね。

こちらは、以前にもご紹介しました当院の売店です。

春を感じる飾り付けです♪

そして、職員の給食も行事食^^

皆さま楽しいひな祭りをお過ごし下さい(^^♪


今日は何の日?

スタッフブログをご覧の皆さま こんにちは^^

 

こちらは、2階病棟のナースステーションです。

ご面会の方には、写真右下の方に写っています、面会者名簿にお名前の記載をお願いしております。

記入の際、よく『今日って何日だっけ?』と、聞かれることが多いためカウンターにホワイトボード(写真左下)を設置し、日付を書いてお知らせしております。

そんなホワイトボード、最初はただ日付を書いていただけだったのですがどんどん手を加えられ、進化しております。

昨日のホワイトボードはこちら

猫バスです。

2階病棟スタッフが書いてくれています^^

とっても絵が上手で日付との関連性はありませんが毎回とても楽しませてくれています。

 

最初は、日にちのお知らせ。

次に、その日が『○○の日』といった情報が書かれ…

さらに、その次は絵も描かれ… 毎回お楽しみになってきています(^^)/

次は、どんな絵が描かれるのかな(^◇^♫


屋台村

スタッフブログをご覧の皆様こんにちは。当院理学療法士の橋川です。

2月も残すところ約半月、本格的な冬ももうすぐ終わりを迎えます。

ここ道東の2月の寒さは本当に厳しいんですよ・・・肌に刺さる寒さ・・・この地域に住んでてもこの時期の寒さには堪えます。

しかし、寒いのはマイナスな事だけではなく、寒さや雪を活かしたこの時期ならではの色々な楽しい催しものが開催されます。

その内の一つの「屋台村」に先日行ってきました!

(屋台村の会場は当院から徒歩1分の所でやってるんですよ)会場はイッパイで焼き台は満席、氷で作られたアイスBARなどもあり会場は賑わってました!

寒い中、皆で炭火を囲み、美味しいお肉や魚介類を食す!

最高です!

 

 

 

 

冬の楽しみを見つけに是非網走へ遊びにきてください!


ウィンタースポーツ その2

前々回のブログでもご紹介しておりました網走レークビュースキー場、網走っコにとってホームグラウンドのスキー場です!!

今日は、風もなく寒すぎず、穏やかで雲一つない晴天!絶好の外遊び日和(*^。^*)


朝一、雪上車で均し圧雪したバーンを滑るってとても気持ちいいですね♫

昼にかけてたくさんの子供たちや家族連れで賑わっておりました。

みなさん滑走ルールを守ってケガのないよう滑りましょうね!

 

網走レークビュースキー場について詳細は、こちらをご覧ください。

https://www.city.abashiri.hokkaido.jp/040shisetsu/050sports/370lakeview.html


ウィンタースポーツ

スタッフブログをご覧の皆様こんにちは。

毎日、雪が降り続いてますね。

除雪、除雪、除雪。。。。

腰痛・肩こり等の体調不良にはお気をつけください。

雪が降ると嫌なことばかりではありませんよ!!

ウィンタースポーツが楽しめます♪

網走にもレイクビュースキー場があります。

晴れた日の山頂からの景色や夕日が沈む景色も楽しめます。

ナイターもライトアップされていて綺麗ですよ☆

ぜひ除雪の合間にウィンタースポーツも楽しんでみてください。

インフルエンザも流行り始めているので、手洗い・うがい・マスク等で予防してくださいね。


冬本番

スタッフブログをご覧の皆さま こんにちは^^

 

先週北海道では暴風雪、先週末は、九州や四国でも積雪し沖縄でも

雪が観測されるといった大寒波に覆われ、天候による災害も多々発生しておりました。

この度、雪による事故やケガ、被害に遭われた皆さまには心よりお見舞い申し上げます。

 

網走でも除雪、積雪により、こーーーーんなに積もりました。

そのまま掘ればかまくらが出来てしまうくらいです…

屋根の雪下ろしによる死亡事故も発生しております。

作業の際は、命綱を付けたり家族への声かけや複数人で作業を行いましょう。

まだまだ、冬はこれからです。ウィンタースポーツをする方はケガなくシーズンを楽しみましょうね^m^