託児所のようす!(お知らせ)

スタッフブログをご覧の皆さんこんにちは!

 

託児所の様子も久しぶりの投稿となりましたが、本日は重要なご連絡があります。

実は当託児所、今年の12月で閉鎖をする事になりました…しかし!実際の閉鎖までまだ数か月の期間がありますので、それまでの間はかわいい子供たちの様子を出来る限りお伝えしたいと思っていますので、楽しみにしていて下さい♪

 

東京などでは待機児童問題が取り上げられていますよね。子供を預けたくても預けられない、預ける場所がないという問題です。網走ではそれがゼロ!

東京の方にしてみると羨ましいかもしれませんが、網走は女性の人口が減って子供たちが少なくなっているという人口減少の問題が絡んでいるかもしれません。

 

そもそもの託児所を設立した目的として、職員の子供たちの預かりもありますが、当時の網走には保育園に空きがなかったり、一時的に預けられる施設がなくて困っている方がいらっしゃった状況がありました。

今では一部の保育園で一時保育を実施していたりと状況が変わり、市民の悩みが解消された事で私たちがそこの役割を果たす必要がなくなってきています。

それが本来の姿であり、とても良い事ではないかと私たちは考えています!

 

網走でも環境の変化という読み切れない部分がありまして、人口減少のスピードも目に見える早さで進んで行っているように思います。

私たちも実際の変化に合わせてどう対応していくか、引き続き色々な情報の発信を続けたいと思います。

ちなみに、5年前の平成24年6月末の網走の人口は38,657人。

去年の6月末時点では37,017人、今年の6月末時点では36,454人となっており、この1年間で563人が減少しています。

長距離バスの定員が大体30名ですから、網走ー札幌間を運航しているドリーミントオホーツク号で、毎月1台分の人が引っ越しするよりも多いことになります。

私たちが暮らす網走はどうなって行くのでしょうか。